どうぶつびより。

「あの手を使うしかないニャ!」真四角の深い穴にいた子猫を男性が救出しようとした結果…。

201709070101

地面にぽっかりと空いた真四角の深い穴のような場所で身動きが取れなくなっていた子猫を発見。男性が梯子を掛けて穴を降りていき、子猫を救出しようとしたその瞬間。これには救出に向かった男性も苦笑いするしかない様子なのでした…。
スポンサーリンク
続きを読む

早すぎるよ! ハチドリが翼を羽ばたく様子をスローモーション映像で。

201709060401

こちらはハチドリが翼を羽ばたく様子を高性能なスローモーションカメラを使用して撮影した際の映像。そういえば昔、自宅の庭にいたハチドリみたいな動物をウキウキしながら虫取り網で捕まえてみたら、今までに見たこともないようなでっかい蛾だったことがあったなぁ…。おっと、失礼。
続きを読む

な、なぜ…? 大きな穴に埋まっていたアルパカの赤ちゃんを救出。

201709060301

なぜか地面に空いていた大きな穴に誤って落ちてしまい、そのまま穴に埋まってしまっていたアルパカの赤ちゃんを救出する動画。恐らく、丸一日ほどこの穴に埋まってしまっていたらしいけれど…あんまり衰弱している様子もなくてよかったよかった。それにしてもこんな大きな穴、一体誰が掘ったんだろう…?
続きを読む

鳥好きには絶景!? バナナを求めてやってくる、野生のコンゴウインコたち。

201709060201

2015年7月27日にベネズエラのカラカスにて撮影された映像。どこかの建物の屋上のような場所で大量に留まっている野生のコンゴウインコたち。撮影者さんがバナナをスライスして与えると喜んで食べ始めます。この光景は鳥好きにはまさに絶景かも…?
続きを読む

冷酷かっ! 花瓶の水を飲むために花を散らせる猫、現る。

201709060101

こ、こんなに無慈悲な猫がいたなんて…。こちらは花瓶の水を飲むためにピンク色の綺麗な花を無残に散らしちゃう猫の動画。飼い主さん曰く、部屋にはちゃんと水飲み用の容器は置いてあるんだけど、この猫は花瓶の水ばかり飲んでしまうとのこと。もう水を入れただけの花瓶を設置しましょう…。
続きを読む

相手間違えてるよー! ダイバーに吸い付こうとするコバンザメ。

201709050401

こちらはエジプトの海岸にて撮影された、スキューバダイビング中のダイバーのもとにやってきて頭部の背面にある吸盤で吸い付こうとするコバンザメの映像。普段は大型のサメやクジラに吸い付くことが多いコバンザメだけど、ダイバーに吸い付こうとするコバンザメは意外と珍しくはないみたい。なんだか、ちょっと可愛く見えてくるね。
続きを読む

これは危機一髪。洪水に巻き込まれ、身動きが取れなくなっていた馬を救出。

201709050301

大型ハリケーン「ハービー」の影響による洪水に巻き込まれ、身動きが取れなくなっていた一頭の馬。すぐさまその場に駆けつけたレスキュー隊の男性が馬のもとへと近づき、無事に陸地へと誘導することに成功。このハリケーンについては、たくさんの動物たちが被害に遭っているみたい。早く沈静化してほしいね。
続きを読む

どこから入ったのー? ニワトリの小屋に迷い込んだオポッサムの赤ちゃんを救出。

201709050201

2017年8月30日にアメリカのサウスカロライナ州ブラフトンにて撮影された映像。どこかからニワトリの小屋に迷い込み、柵の中から出られなくなっていたオポッサムの赤ちゃんを発見。スコップの先端をそっと差し伸べ、無事にオポッサムの赤ちゃんを救出することに成功。もうこんなところに迷い込んじゃダメだよー?
続きを読む

仲が良いのか悪いのか…。レスリング遊びをする猫と犬。

201709050101

こちらはレスリング遊びに夢中になる猫と犬の動画。飼い主さん曰く、二人はとっても仲良しで毎日じゃれ合ってるらしいんだけど…これちょっと犬の方が真面目に嫌がってるように見えるのは気のせい?
続きを読む

コヨーテ・ピーターソンが行く。とっても巨大な有毒ヒトデを捕獲。

201709040401

世界各地の珍しい生き物たちとの触れ合いの様子を撮影している、動物研究家のコヨーテ・ピーターソンさんの動画より。今回はハワイ諸島の最北端に位置するカウアイ島にて、とっても巨大な有毒ヒトデを捕獲。あのコヨーテさんがダイビンググローブをしたまま触れるぐらいだから、かなり危ないヤツなのかな…? この巨大な有毒ヒトデの捕獲シーンは動画再生の5分半頃から。
続きを読む

これは貴重な体験。海面をジャンプしたイルカ、勢い余ってボートに飛び乗る。

201709040301

こんな珍しいこともあるんだね。こちらは勢いよく海面をジャンプしたイルカが、そのまま勢い余って撮影者さんのボートに飛び乗っちゃった時の映像。撮影者さんを含め、ボートに乗っていた人たちは一瞬パニックに陥るものの、なんとか力を合わせて再び海へ帰すことに成功。こんなに貴重な体験はなかなかできないね…。
続きを読む

そ、そこまでやる…? 野鳥から攻撃を受け続ける、サイクリング中の男性。

201709040201

2017年8月23日にアメリカのペンシルバニア州サンベリーにて撮影された映像。自転車に乗り、田舎の町中でサイクリングを楽しむ一人の男性。すると突然、後方から野鳥が追いかけてきてこの男性のヘルメットを執拗に攻撃し始めます。昔、カラスに追いかけられたことならあるけど…この野鳥の追跡はちょっとやりすぎだよねぇ。
続きを読む

今日のノラ猫。古い建物の地下で暮らす猫の親子。

201709040101

あちこちで出会ったノラ猫たちの様子を撮影している、ロシア人の動物保護活動家ロビン・セプラットさんの動画より。今回は古い建物の地下のような場所で暮らす猫の親子を発見。一体、この住処の内部がどのような構造になっているのか気になっちゃうね…。それと動画のコメントによると、新たに一匹の子猫の引き取り手が決まったとのこと。無事に飼い主さんが見つかってよかったね。
続きを読む

左半身は真っ黒、右半身はオレンジ!? カラフルなロブスターたちが漁業組合から水族館へ寄付される。

201709030401

こちらはアメリカのマサチューセッツ州セイラムの漁業組合パトリオット・シーフードからニューイングランド水族館へと寄付された、カラフルなロブスターたちの映像。全身が真っ黄色な個体や真っ青の個体、はたまた左半身は真っ黒、右半身はオレンジのとっても貴重な個体まで勢揃い。このニューイングランド水族館の関係者たちは、これからのハロウィンの季節にぴったりだと大喜びしているんだとか。
続きを読む

古代ミステリー? メキシコの水中洞窟から巨大なナマケモノの頭蓋骨が発見される。

201709030301

こちらはメキシコのユカタンにある水中洞窟の底からダイバーたちが巨大なナマケモノの頭蓋骨を発見した際の映像。このナマケモノの頭蓋骨は約1万年前のものだと推定されており、その体重は少なくとも約220キロはあったものと考えられているんだとか。ナマケモノとミステリー…うーむ、イメージが全く結びつかないぞ…。
続きを読む
Twitter 情報
いつでもどこでも、動物たちのいる暮らし。基本的には、100%フォローバックしますー!
関連ツイート
LINEで読者になる
記事サムネイル
  • 結果良ければ全て良し? 道端でカチコチに凍った小鳥を発見し、ドライヤーで温めてみた結果…。
  • 結果良ければ全て良し? 道端でカチコチに凍った小鳥を発見し、ドライヤーで温めてみた結果…。
  • 「これが楽なんだワン!」自分の子供をカゴに入れて運ぶ、シベリアン・ハスキーのお父さん。
  • 「これが楽なんだワン!」自分の子供をカゴに入れて運ぶ、シベリアン・ハスキーのお父さん。
  • 「フンッ! フンッ!」執拗なまでにドナルド・トランプ政権をモーレツ批判するチワワが発見される。
  • 「フンッ! フンッ!」執拗なまでにドナルド・トランプ政権をモーレツ批判するチワワが発見される。
  • 意外と賢い? 漁師から魚を盗み取ろうとするタコ。
  • 意外と賢い? 漁師から魚を盗み取ろうとするタコ。
  • 「待つんだワーン!」小型のドローンを必死に追いかけるフレンチ・ブルドッグ。
  • 「待つんだワーン!」小型のドローンを必死に追いかけるフレンチ・ブルドッグ。
  • コヨーテ・ピーターソンが行く。オーストラリアの草原でアゴヒゲトカゲを捕獲。
  • コヨーテ・ピーターソンが行く。オーストラリアの草原でアゴヒゲトカゲを捕獲。
  • 「ちょうだいニャー!」物乞いのような仕草を見せる子猫が面白い。
  • 「ちょうだいニャー!」物乞いのような仕草を見せる子猫が面白い。
  • 「うぅ、寒いよー」クリアウォーター海洋水族館へとリハビリにやってきた、12匹の小さなウミガメたち。
  • 「うぅ、寒いよー」クリアウォーター海洋水族館へとリハビリにやってきた、12匹の小さなウミガメたち。
  • これは危機一髪。真冬のプールに勢い余って飛び込んでしまった野生のウサギを救出。
  • これは危機一髪。真冬のプールに勢い余って飛び込んでしまった野生のウサギを救出。
記事検索
管理人から一言
来年まで、もう1ヶ月。おせち料理を早く食べたいです…。
スポンサーリンク
メールフォーム

名前
メール
本文
免責事項
当サイトのご利用は自己責任でお願いします。当サイト及び、外部リンク先のサイトをご利用したことにより発生した損失・損害について、当サイトは一切の責任と義務を負いません。

また当サイトは著作権の侵害を目的として運営されているものではありません。使用している版権物の知的所有権は、全て各著作者・団体に帰属しています。

もし、著作権や肖像権に関して問題がありましたら、こちらのページに記載されているメールアドレス宛てにメールにてご連絡していただくか、またはメールフォームより、ご連絡下さい。確認後、適切な対処を取らせていただきます。
こちらもどうぞ
記事検索
  • ライブドアブログ