どうぶつびより。

満潮まで約8時間。なぜか岩場に乗り上げてしまったシャチを救出。

201711130301

こちらは干潮の影響からか岩場に乗り上げてしまい、完全に孤立してしまっていた一頭のシャチ。このシャチの存在に気づいた地元の住民たちが満潮までの約8時間、海水をシャチに浴びせ続けて救出します。この間、シャチの家族たちは心配そうに岩場の近くでずっと見守っていたみたい。最後は無事に海へと帰れたみたいでよかったねー。
スポンサーリンク
続きを読む

海の妖精? サンゴ礁から顔を出す、イエローヘッドジョーフィッシュが可愛い。

201711130201

こちらは海底やサンゴ礁などに縦長の巣穴を作り、そこから顔だけを出して暮らしているイエローヘッドジョーフィッシュの動画。この警戒心の強いイエローヘッドジョーフィッシュの動画を撮影するために、スキューバダイバーたちは長い時間、辛抱強く巣穴の近くで待たないといけないんだとか。うーん、これは可愛すぎるね…。
続きを読む

鳥類の格闘家? 強烈なキックで獲物を仕留めるヘビクイワシ。

201711130101

こちらはクチバシで攻撃をする一般的な鳥たちとは違い、強烈なキックで獲物を仕留めるヘビクイワシの動画。このヘビクイワシのキックの威力は凄まじいらしく、ヘビの頭をキックした場合、その骨を粉々に砕いちゃうこともあるんだとか。確かに足回りの筋肉の付き方がすごいね…。
続きを読む

コツはオリーブ・オイル。害虫用のトラップに引っかかっていた二匹のトカゲたちを救出。

201711120401

こちらは害虫用の接着剤が付いたトラップに引っかかっていた、二匹のトカゲたちを男性が救出する動画。オリーブ・オイルを使ってトカゲたちを接着剤から徐々に引き離していく男性。無事に二匹のトカゲたちをトラップから開放することに成功し、最後は自然に返しちゃいます。うーん、このトラップってトカゲでも引っかかるもんなんだねー。
続きを読む

お前は天使かっ! 保護されたポッサムの赤ちゃんが可愛い。

201711120301

こちらはオーストラリアの西オーストラリア州にて保護された、生後4ヶ月ほどのオスのリングテイルポッサムの映像。このバジルくんはくすぐられるのが大好きみたい。もう少し大きくなってから自然に帰すみたいだけど、その頃には可愛すぎて手放すのが嫌になるかもー?
続きを読む

なんだチミはっ!? 突如、インドネシアの池に大量発生した謎の生物たち。

201711120201

2017年11月7日にインドネシアのカリマンタン島にて撮影された映像。突如、街中の池に大量発生した謎の細長い生物たち。こんな状態が二日ほど続いた後、この生物たちはすっと池から姿を消したんだとか。恐らく、線形動物の一種らしいんだけれど、一体何なんだろうね…?
続きを読む

噛まれたら即アウト。なぜかコブラに立ち向かう、三匹のリスたち。

201711120101

こちらはケニア南西部のタンザニアとの国境沿いに位置する、マサイマラ国立保護区にて撮影された映像。なぜか木の下で休んでいたコブラに立ち向かう、三匹の勇敢なリスたち。もしも噛まれたら一発アウトの中、激しい攻防戦を繰り広げちゃいます。余程、このリスたちはお腹が空いていたのかな…?
続きを読む

意外と素早い? 鳥を捕まえようと電線を這うヘビ。

201711110401

2015年7月2日にマレーシアのサバ州コタキナバルにて撮影された映像。電線にとまる鳥を捕まえようと、電線を這って進むヘビ。結局、鳥には逃げられてしまったけれど…これって感電とかしないのかな?
続きを読む

夜間に襲われる心配なし。絶滅危惧種のオトメインコを守る、人工の巣がすごい。

201711110301

オーストラリアのタスマニア島などに生息する、絶滅危惧種のカラフルな鳥・オトメインコ。このオトメインコの卵を外敵のフクロモモンガなどから守るべく、夜間だけ自動的に入り口が閉じる人工の巣を科学者たちが開発し、タスマニア島の木々にいくつか設置したんだとか。これはなかなかシンプルで効果的な対策になるかも…?
続きを読む

ほのぼの動画。ハリケーンで救出された子猫、仲良しの犬のお兄ちゃんができる。

201711110201

こちらは2017年9月16日から10月3日頃にかけて、世界的に大きな被害をもたらしたマリケーン「マリア」によって一人で孤立していたところを救出された、子猫のムファサくん。現在、ムファサくんにはおっきな犬のお兄ちゃんができたらしく、毎日二人でじゃれ合いながら楽しく暮らしているんだとか。優しいワンちゃんのいるお家に拾われてよかったねー。
続きを読む

「誰か助けてー!」ポーチの手すりに挟まっていた子鹿を救出。

201711110101

こちらはポーチの手すりに挟まっていた野生の子鹿を発見者の女性が救出する動画。子鹿の鳴き声って初めて聞いたけれど、意外と人の声に似ているかも…?
続きを読む

めっちゃ動く。羽根のような脚を持った珍種のヒトデを発見。

201711100401

2016年1月27日にタイのプーケットにあるカタビーチの近くにて撮影された映像。この周辺でスキューバダイビングを楽しんでいた撮影者さんが発見したのは、羽根のような脚を持った珍種のヒトデ。まるで空を羽ばたいてるかのように海中を泳ぎ、やがて海底に着地しちゃいます。具体的な種類はわからなかったんだけど…これって一体何なんだろうね?
続きを読む

まさに一心同体。馬と犬の仲良しコンビの芸がすごい。

201711100301

こちらは過去にいろんな人たちを噛んだり、キックしたりしてたくさんの問題を抱えていたところを現在のホーストレーナーの飼い主さんに引き取られた馬のスパンキーくん。ある日、もともとペットとして飼育されていた犬のダリーちゃんがスパンキーくんの背中に乗りはじめ、そこからいろいろな芸を覚えていったんだとか。今では、このコンビは数々のショーで多くの人たちを楽しませているみたい。二人とも、これからも怪我だけには注意して頑張ってねー。
続きを読む

これは賢い。アカエイの背後にピタリと張り付いて行動する、海水魚のバージャック。

201711100201

こちらは強烈な毒を持つことで知られるアカエイの背後にピタリと張り付いて行動する、ギンガメアジの仲間・バージャックの映像。このカリブ海の周辺に生息するバージャックという魚はアカエイの脅威を逆手に取り、アカエイの死角に張り付いておこぼれを頂戴するという習性があるんだとか。なかなか賢い魚もいたもんだねー。
続きを読む

とっても危険な救出劇。体重約50キロのおっきなノラ犬を保護。

201711100101

アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルスに本拠地を置き、路上で生活している動物たちを保護して里親の募集などを行っている、非営利動物保護団体「Hope for Paws」さんの動画より。今回は、街中に住み着いた体重約50キロのおっきなノラ犬を保護。この「ガーシュウィンくん」と名付けられたワンちゃんは全身を丁寧に洗ってもらい、動物病院で一通りの健康診断を受けた後、他の保護されたワンちゃんたちが暮らす保護施設で一緒に生活を送ることになったんだとか。うーん、ガーシュウィンくんが住民たちに危害を加えてしまう前に保護されてよかったよかったー。
続きを読む
Twitter 情報
いつでもどこでも、動物たちのいる暮らし。基本的には、100%フォローバックしますー!
関連ツイート
LINEで読者になる
記事サムネイル
  • これが百獣の王…? 水溜りに思いっきり前足を突っ込んでビショ濡れになる、オスのライオン。
  • これが百獣の王…? 水溜りに思いっきり前足を突っ込んでビショ濡れになる、オスのライオン。
  • マジっすか…? ワンちゃんにスパゲティーを与えるオウム現る。
  • マジっすか…? ワンちゃんにスパゲティーを与えるオウム現る。
  • 「たーのしー!」自宅のカーテンで遊ぶカワウソが可愛い。
  • 「たーのしー!」自宅のカーテンで遊ぶカワウソが可愛い。
  • 珍しい込み合わせ? ペットのアライグマとキツネのレスリングごっこ。
  • 珍しい込み合わせ? ペットのアライグマとキツネのレスリングごっこ。
  • 「やりやがったニャ?」子猫と大人の黒猫のじゃれ合いの様子が可愛い。
  • 「やりやがったニャ?」子猫と大人の黒猫のじゃれ合いの様子が可愛い。
  • 「誰か助けてニャー!」木の上から降りられなくなっていた子猫たちを救出。
  • 「誰か助けてニャー!」木の上から降りられなくなっていた子猫たちを救出。
  • パクパク動画。スライスされたリンゴを食べる、二羽のインコたちが可愛い。
  • パクパク動画。スライスされたリンゴを食べる、二羽のインコたちが可愛い。
  • わかりやすすぎる! ソファーをボロボロにしちゃったワンちゃんのリアクションが面白い。
  • わかりやすすぎる! ソファーをボロボロにしちゃったワンちゃんのリアクションが面白い。
  • ヘルプミー! 道路の溝に落ちてしまったカモの赤ちゃんたちを救出。
  • ヘルプミー! 道路の溝に落ちてしまったカモの赤ちゃんたちを救出。
記事検索
管理人から一言
気づけば、もう11月。早くこたつに入ってお餅が食べたいですね…。
スポンサーリンク
メールフォーム

名前
メール
本文
免責事項
当サイトのご利用は自己責任でお願いします。当サイト及び、外部リンク先のサイトをご利用したことにより発生した損失・損害について、当サイトは一切の責任と義務を負いません。

また当サイトは著作権の侵害を目的として運営されているものではありません。使用している版権物の知的所有権は、全て各著作者・団体に帰属しています。

もし、著作権や肖像権に関して問題がありましたら、こちらのページに記載されているメールアドレス宛てにメールにてご連絡していただくか、またはメールフォームより、ご連絡下さい。確認後、適切な対処を取らせていただきます。
こちらもどうぞ
記事検索
  • ライブドアブログ