どうぶつびより。

のんびり動画。枯れ草をモグモグと食べる、モフモフなハイランド・キャトルたち。

201711060101

こちらはフィンランドの農場で飼育されている、スコットランド原産の牛ハイランド・キャトルたちの日常を撮影している、「Highland Cattle of Saarela」さんの動画より。雪がちらつき始めた森の中で枯れ草をモグモグと食べる、モフモフなハイランド・キャトルたち。この辺りは本格的な冬に入ると、雪がたくさん積もりそうな場所だね…。
スポンサーリンク
続きを読む

世界の日常シリーズ。牧場の動物たちが自由気ままに街をお散歩している日常 in アメリカ。

201711050401

2017年10月25日にアメリカのジョージア州アルファレッタにて撮影された映像。自由気ままに街をお散歩する、近所の牧場で暮らす動物たち。ざっと動画を見た感じ、ヤギ・ヒツジ・ウマ・ロバ・ブタ(イノシシ?)とかの動物が確認できるね。なんだか、種類の違う動物たちが仲良くしているのを見るのは楽しいねー。
続きを読む

可愛すぎかっ! ソファーに飛び乗ろうとするキツネの赤ちゃん。

201711050301

こちらはペットのキツネの赤ちゃん・ロックスちゃんの映像。なんとかソファーに飛び乗ろうとするんだけど、体が小さくて全くソファーの上に乗ることができないロックスちゃん。ソファーとの距離感も掴めていないみたいだし、まずはご飯をいっぱい食べて大きくなってから再挑戦だねー。
続きを読む

「お腹が空いたのだー!」食べ物の袋を持ち去ろうとするアライグマが発見される。

201711050201

こちらは食べ物の袋を咥えながら、器用に建物を上ってそのまま持ち去ろうとするアライグマの映像。この撮影者さんが屋外レストランで奥さんと食事をしていたところ、足元を走る小さな動物を発見。ネズミだと思ってよく見てみると、このアライグマだったんだとか。この食べ物の袋の中には、一体何が入っているんだろー?
続きを読む

ちょっと怖いよ! ペットのニャンコがハンティングする瞬間の映像を詰め合わせ。

201711050101

こちらは白黒の体に黄色の瞳が特徴的なペットのオス猫・パシックくんの様々な動画を定期的にアップしている、「CatPusic」さんの動画より。今回はハンティング中のパシックくんの様子をたくさん撮影して一つの動画にまとめてみたんだとか。この狙われている側の視点で見ると、映像だとわかっているのにちょっと怖いね…。
続きを読む

これは珍しいケース。たてがみに後ろ足が絡まり、立ち上がれなくなっていた母馬を救出。

201711040401

こちらはたてがみに後ろ足が絡まり、立ち上がれなくなっていた母馬を偶然発見した男性たちが救出する動画。近くで子馬が心配そうに見守る中、片方の男性が母馬のたてがみをカットして後ろ足を自由に動かせるようにしてあげます。良い人たちに見つけてもらえてよかったねー。
続きを読む

ペットからノラ犬へ。約1年間ほど路上で生活していた老犬を保護。

201711040301

アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルスに本拠地を置き、路上で生活している動物たちを保護して里親の募集などを行っている、非営利動物保護団体「Hope for Paws」さんの動画より。今回は家族に飼育放棄されてしまい、約1年間ほど路上で生活していた老犬を保護。現在、この老犬はプンバくんと名付けられ、里親を待ちながら施設で他のワンちゃんたちと楽しく暮らしているみたい。それにしても、一緒に生活していたワンちゃんを飼育放棄する人たちがいるってちょっと信じられないね…。
続きを読む

「なんかダルいのだー」気だるそうにおやつを食べるアライグマが可愛い。

201711040201

こちらは気だるそうにお腹の上でおやつを食べる、ペットのアライグマ・ロケットくんの映像。上手に両方の手でおやつを掴んで食べる姿が可愛すぎる…。
続きを読む

見渡す限り、ペリカンばかり。約50,000羽のペリカンたちがイスラエルに大集合。

201711040101

こちらは東アフリカへと海を渡る途中にイスラエルで腹ごしらえをする、約50,000羽のペリカンたちの映像。イスラエルの農林水産省では、空腹の鳥たちから地元の漁業を保護することを目的として渡り鳥のペリカンたちにエサを与えるというプログラムを実施しているんだとか。これにはペリカンたちも大助かりだねー。
続きを読む

これは危ない。夜の車道を歩くコアラに遭遇。

201711030401

2017年10月28日にオーストラリアにて撮影された映像。撮影者さんが自動車を運転中、夜の車道を歩くコアラに遭遇。あまり速度を出していなかったため、コアラを轢かずに無事に済んだけれど…。どうやら、オーストラリアではコアラが交通事故に遭うことが少なくないみたい。なので、もしオーストラリアをレンタカーで走る際などにはコアラにご注意くださいねー。
続きを読む

「どこだどこだー?」雪で作った迷路でかくれんぼをする、ワンちゃんと飼い主さん。

201711030301

こちらは雪で作った迷路でかくれんぼをする、ワンちゃんと飼い主さんの動画。雪の道でしゃがみ込み、ワンちゃんから身を隠そうとする飼い主さんだけど…。そこはさすがワンちゃん、すごい速さで迷路を走り回ってあっという間に飼い主さんを発見しちゃいます。
続きを読む

あなたは見たことある? ハクチョウが本気で犬を威嚇する瞬間。

201711030201

こちらはフランスのストラスブールにある公園にて撮影された、ハクチョウが本気で犬を威嚇する瞬間を捉えた映像。この日、偶然この公園にお散歩に来ていた犬のもとへと近づいてくる、一羽の野生のハクチョウ。次の瞬間、ハクチョウは羽を広げて首を伸ばし、急に威嚇してきます。何がこのハクチョウの気に障ったのかは不明とのこと…。
続きを読む

ほぼ無いのと同じ? 世界でもっともしっぽの短い犬種・トップ10。

201711030101

世界でもっともしっぽが短いと言われている犬種をトップ10までランキング。その気になるトップ3は、3位ボクサー、2位ドーベルマン、1位ロットワイラーとなっています。ただ少し調べてみると、トップにランクインした犬種たちは古くから猟犬として使われていたという歴史があり、その名残で子犬の頃に断尾されているだけみたい。なので、断尾込みのランキングとしてご覧くださいー。
続きを読む

「追いかけっこ楽しいんだワーン!」楽しそうに熊を追いかけ回す犬、現る。

201711020401

2017年10月25日にアメリカのカリフォルニア州コルファクスにて撮影された映像。自宅前の防犯カメラに記録されていたのはポーチで野生の小熊を楽しそうに追いかけ回す、飼い犬のディクシーちゃんの姿。とりあえず、相手が大きな熊じゃなくてよかったねー。
続きを読む

その重さ、約30キロ。舌が肥大化してしまったツキノワグマ、余分な組織の切除手術に成功する。

201711020301

こちらは原因不明の病気で舌が肥大化してしまった、ミャンマーで保護されている1歳半のツキノワグマ。この度、余分な組織の切除手術に無事に成功し、約30キロ分の舌の組織を切除したんだとか。現在、このツキノワグマの健康状態は良好で毎日遊ぶことに夢中になっているみたい。うーん、再発しないことを祈りたいね。
続きを読む
Twitter 情報
いつでもどこでも、動物たちのいる暮らし。基本的には、100%フォローバックしますー!
関連ツイート
LINEで読者になる
記事サムネイル
  • これが百獣の王…? 水溜りに思いっきり前足を突っ込んでビショ濡れになる、オスのライオン。
  • これが百獣の王…? 水溜りに思いっきり前足を突っ込んでビショ濡れになる、オスのライオン。
  • マジっすか…? ワンちゃんにスパゲティーを与えるオウム現る。
  • マジっすか…? ワンちゃんにスパゲティーを与えるオウム現る。
  • 「たーのしー!」自宅のカーテンで遊ぶカワウソが可愛い。
  • 「たーのしー!」自宅のカーテンで遊ぶカワウソが可愛い。
  • 珍しい込み合わせ? ペットのアライグマとキツネのレスリングごっこ。
  • 珍しい込み合わせ? ペットのアライグマとキツネのレスリングごっこ。
  • 「やりやがったニャ?」子猫と大人の黒猫のじゃれ合いの様子が可愛い。
  • 「やりやがったニャ?」子猫と大人の黒猫のじゃれ合いの様子が可愛い。
  • 「誰か助けてニャー!」木の上から降りられなくなっていた子猫たちを救出。
  • 「誰か助けてニャー!」木の上から降りられなくなっていた子猫たちを救出。
  • パクパク動画。スライスされたリンゴを食べる、二羽のインコたちが可愛い。
  • パクパク動画。スライスされたリンゴを食べる、二羽のインコたちが可愛い。
  • わかりやすすぎる! ソファーをボロボロにしちゃったワンちゃんのリアクションが面白い。
  • わかりやすすぎる! ソファーをボロボロにしちゃったワンちゃんのリアクションが面白い。
  • ヘルプミー! 道路の溝に落ちてしまったカモの赤ちゃんたちを救出。
  • ヘルプミー! 道路の溝に落ちてしまったカモの赤ちゃんたちを救出。
記事検索
管理人から一言
気づけば、もう11月。早くこたつに入ってお餅が食べたいですね…。
スポンサーリンク
メールフォーム

名前
メール
本文
免責事項
当サイトのご利用は自己責任でお願いします。当サイト及び、外部リンク先のサイトをご利用したことにより発生した損失・損害について、当サイトは一切の責任と義務を負いません。

また当サイトは著作権の侵害を目的として運営されているものではありません。使用している版権物の知的所有権は、全て各著作者・団体に帰属しています。

もし、著作権や肖像権に関して問題がありましたら、こちらのページに記載されているメールアドレス宛てにメールにてご連絡していただくか、またはメールフォームより、ご連絡下さい。確認後、適切な対処を取らせていただきます。
こちらもどうぞ
記事検索
  • ライブドアブログ