どうぶつびより。

魚類

でかすぎっ! 巨大なゴリアテ・グルーパーを釣り上げようと格闘する女性。

201801110101

こちらは世界でもっとも大きな硬骨魚綱の一つ、ゴリアテ・グルーパーを釣り上げようと必死に格闘する女性の動画。この女性は今回が初めての魚釣りだったらしく、とても苦戦している様子。ベテランの人でも釣り上げることが難しいとされているゴリアテ・グルーパー。うーん、気を抜くと海に引きずり込まれちゃいそうだね…。
スポンサーリンク
続きを読む

「調子はどうだニャ…?」ニシキゴイの頭をなでなでするニャンコ、現る。

201801080101

2018年1月1日にオランダの北ブラバント州にて撮影された映像。自宅の小さな池で飼育されているニシキゴイの頭をなでなでする、ニャンコのティモくん。どうやら、このティモくんとニシキゴイたちは5年来の友人らしく、時々こうやってスキンシップを図っているんだとか。なんだか、ほのぼのしていて良いねー。
続きを読む

海のギャング? ニューイングランド水族館の大きな水槽内を優雅に泳ぐ、グリーン・モレイ。

201801060101

こちらはアメリカのボストンにあるニューイングランド水族館にて撮影された、大きな水槽内を優雅に泳ぐグリーン・モレイのトーマスくんの映像。このグリーン・モレイという種類のウツボは、観賞用のウツボとして海外ではとっても人気なんだとか。ウツボって怖いイメージが強いけれど、このグリーン・モレイはなかなか色鮮やかで美しく見えるねー。
続きを読む

スリリングな一瞬。スキューバダイバーのすぐ隣を通過していく、巨大なサメたち。

201801020201

こちらはベリーズのサン・ペドロにあるサンゴ礁の海岸付近にて撮影された、スキューバダイバーのすぐ隣を通過していく巨大なサメたちの動画。この約3メートルほどの巨大なサメはお腹が満腹だったのか、スキューバダイバーの人数が多かったからなのか、何も手出しせずにそのまま泳いで行っちゃったみたい。うーん、この動画を撮影していた人はかなりハラハラしたのかも…?
続きを読む

魚なのに? 観光客たちから哺乳瓶を通して餌をもらう、たくさんのニシキゴイたち。

201801010101

こちらはカンボジアにあるテーマパークにて撮影された、観光客たちから哺乳瓶を通して餌をもらうニシキゴイたちの動画。想像以上にがっつりと哺乳瓶の先を咥え込んじゃってるねー。うーん、この様子だと競争率はかなり高いかも…?
続きを読む

餌は手渡し。クロガネウシバナトビエイにエサを与える、ニューイングランド水族館の飼育員。

201712300101

こちらはアメリカのボストンにあるニューイングランド水族館にて撮影された、ウェットスーツに身を包んだ飼育員がクロガネウシバナトビエイにエサを与えている様子。このクロガネウシバナトビエイは一日に三回、貝やエビ、魚などを飼育員から直接与えられているんだとか。水族館の魚たちをお世話するのも、なかなか大変そうだね。
続きを読む

ちょっとシュール? 野生の魚たちに餌付けする女の子と、それを見守るペットのカピバラとワンちゃん。

201712250401

2015年1月12日にブラジルのパラー州タイランディアにて撮影された映像。野生の魚たちに餌付けする、クセッ毛がキュートな女の子とそれを見守るペットのカピバラ(アニータちゃん)。アニータちゃんが女の子から魚の餌を奪い取ろうとすると、すかさず女の子が叱っちゃいます。テレビではちょっと見られない、ブラジルの日常でしたー。
続きを読む

砂漠だけじゃない? エジプトの海に生息する、美しい動物たち。

201712100201

こちらはエジプト東部のダハブにてスキューバダイビング中に撮影された、美しい色をした魚や貝、イソギンチャクなどの映像。ひたすら広大な砂漠が広がっているイメージのあるエジプトだけれど、場所によってはこんなに楽しいスキューバダイビングを体験できるところもあるみたい。珍しい生き物たちがたくさんいそうだねー。
続きを読む

危機一髪。スキューバダイビング中にサメの群れに囲まれてしまった男性。

201712070201

こちらは南アフリカの海外でスキューバダイビング中にサメの群れに囲まれてしまった男性の動画。一匹、二匹のサメが近寄ってくるとかならまだわかるけれど、この数はさすがにヤバいね。ちなみに運良く、この男性はサメに襲われることはなかったようですー。
続きを読む

一体、何があった…。新鮮な魚たちを輸送中のトラックが横転した結果。

201712050401

2017年6月12日に中国の麗水市にて撮影された映像。新鮮な魚たちを輸送中のトラックが道路で横転した結果、道路が魚だらけに。パッと見た感じ、ナマズの仲間なのかな? この魚たちは通りすがりの住民たちが袋に詰めて持ち帰っちゃったみたい。うーん、こんな事故もあるんもんなんだねー。
続きを読む

もっとも原始的なサンゴ礁の姿。フィリピンのトゥバタハ岩礁海中公園で暮らす生き物たち。

201712020301

こちらは世界でもっとも原始的なサンゴ礁の姿が維持されているという、フィリピンのトゥバタハ岩礁海中公園で暮らす生き物たちの映像。このトゥバタハ岩礁海中公園には約600種類もの海水魚たち、約13種類ものイルカやクジラたち、約360種類ものサンゴ礁が棲息しているんだとか。もし、フィリピンへとお出かけの際には立ち寄ってみてはいかがでしょうか…?
続きを読む

「ヘルプミー!」釣り糸が絡まり、自由に泳げなくなっていたオニイトマキエイを救出。

201712010401

こちらは釣り糸が体中に絡まり、自由に泳げなくなっていたオニイトマキエイ(英名:マンタレイ)をスキューバダイビング中の男性が救出する動画。ウミガメとかもそうだけど、漁具や釣り糸が体に絡まったりして被害を受けている動物たちはとても多いみたい。みなさん、海のゴミは持ち帰るかちゃんとゴミ箱へ捨てましょうー。
続きを読む

今日は大漁。インドネシアでの網を使った漁の様子。

201711290101

こちらはインドネシアにて撮影された、地元の漁師たちによる網を使った漁の様子を収めた映像。次第に船上を埋め尽くしていく、大量の魚たち。これって魚の重みで船が沈むってことはないのかな…?
続きを読む

イルカじゃないよ! 漁網が絡まり、砂浜へと打ち上げられてしまったオニイトマキエイを救出。

201711240201

こちらは漁網が全身に絡まり、身動きが取れない状態で砂浜へと打ち上げられてしまったオニイトマキエイを、偶然その場にいた人たちが協力して救出する動画。漁網をすべて取り除き、海へと引っ張って帰します。大きなものでは体重が約3トンにも達する、このオニイトマキエイ。無事に海へと帰れてよかったねー。
続きを読む

知的な海水魚。人間と交流するナッソーグルーパーに癒やされる。

201711160201

こちらはリトルケイマン島の北側にある岩礁付近にて暮らしている、ナッソーグルーパー(ハタの一種)のゲイリーくん。このゲイリーくんはとっても知能が高く、スキューバダイビングを楽しんでいる人たちと交流することが大好きなんだとか。人懐っこい野生の動物たちって可愛いねー。
続きを読む
Twitter 情報
いつでもどこでも、動物たちのいる暮らし。100%フォローバックしますー! #フォロバ #リフォロー #相互フォロー
関連ツイート
LINEで読者になる
記事サムネイル
  • 「美味そうだニャ…」テレビに映し出されたネズミの姿を目で追ってしまう、たくさんのニャンコたち。
  • 「美味そうだニャ…」テレビに映し出されたネズミの姿を目で追ってしまう、たくさんのニャンコたち。
  • 全身カッチコチ。池から鼻先だけを出し、冬眠するワニが発見される。
  • 全身カッチコチ。池から鼻先だけを出し、冬眠するワニが発見される。
  • これは頼もしすぎる。川で溺れた振りをする飼い主さんと、その飼い主さんを急いで救出するワンちゃん。
  • これは頼もしすぎる。川で溺れた振りをする飼い主さんと、その飼い主さんを急いで救出するワンちゃん。
  • 「ね、眠るもんか…」必死に目を開けていようと奮闘する、アヒルの赤ちゃん。
  • 「ね、眠るもんか…」必死に目を開けていようと奮闘する、アヒルの赤ちゃん。
  • なんだコイツ!? 深海にて発見された、魔法陣のような模様を持つ珍しいクラゲ。
  • なんだコイツ!? 深海にて発見された、魔法陣のような模様を持つ珍しいクラゲ。
  • 頭良すぎっ! ソリを使って一人遊びをする、オーストラリアン・シェパードがすごい。
  • 頭良すぎっ! ソリを使って一人遊びをする、オーストラリアン・シェパードがすごい。
  • ハァ~ビバノンノン! 綺麗な緑色のインコのバスタイム風景。
  • ハァ~ビバノンノン! 綺麗な緑色のインコのバスタイム風景。
  • 何がしたいの…!? オマヌケなポーズを披露する、ブルマスティフ。
  • 何がしたいの…!? オマヌケなポーズを披露する、ブルマスティフ。
  • 一体何頭いるの!? スノーモービルで雪道を走行中に遭遇した、アメリカバイソンの群れ。
  • 一体何頭いるの!? スノーモービルで雪道を走行中に遭遇した、アメリカバイソンの群れ。
記事検索
管理人から一言
新年、明けましておめでとうございますー。これからも細々と更新して参りますので、本年もよろしくお願いしますー!
スポンサーリンク
メールフォーム

名前
メール
本文
免責事項
当サイトのご利用は自己責任でお願いします。当サイト及び、外部リンク先のサイトをご利用したことにより発生した損失・損害について、当サイトは一切の責任と義務を負いません。

また当サイトは著作権の侵害を目的として運営されているものではありません。使用している版権物の知的所有権は、全て各著作者・団体に帰属しています。

もし、著作権や肖像権に関して問題がありましたら、こちらのページに記載されているメールアドレス宛てにメールにてご連絡していただくか、またはメールフォームより、ご連絡下さい。確認後、適切な対処を取らせていただきます。
こちらもどうぞ
記事検索
  • ライブドアブログ