どうぶつびより。

その他

なんだチミはっ!? 突如、インドネシアの池に大量発生した謎の生物たち。

201711120201

2017年11月7日にインドネシアのカリマンタン島にて撮影された映像。突如、街中の池に大量発生した謎の細長い生物たち。こんな状態が二日ほど続いた後、この生物たちはすっと池から姿を消したんだとか。恐らく、線形動物の一種らしいんだけれど、一体何なんだろうね…?
スポンサーリンク
続きを読む

めっちゃ動く。羽根のような脚を持った珍種のヒトデを発見。

201711100401

2016年1月27日にタイのプーケットにあるカタビーチの近くにて撮影された映像。この周辺でスキューバダイビングを楽しんでいた撮影者さんが発見したのは、羽根のような脚を持った珍種のヒトデ。まるで空を羽ばたいてるかのように海中を泳ぎ、やがて海底に着地しちゃいます。具体的な種類はわからなかったんだけど…これって一体何なんだろうね?
続きを読む

謎の大量漂着。海岸を埋め尽くす、数千匹ものクラゲたち。

201711090101

こちらはオーストラリアのニューサウスウェールズ州バーリングス・ビーチにて撮影された、海岸を埋め尽くす数千匹ものクラゲたちの映像。なぜ、この「サイアネア・ラマルクイ」と呼ばれる青いクラゲたちが大量に海岸へと漂着したのかは未だに謎のままなんだとか。うーん、これは不気味すぎるね…。
続きを読む

意外と素早い…? 野鳥を捕まえちゃう巨大なヤシガニ。

201711070301

陸上に棲息するもっとも大きな無脊椎動物・ヤシガニ。このヤシガニは、一般的にはココナッツを食べることで知られているけれど、実はネズミや野鳥などの小動物も捕獲して食べちゃうんだとか。どうやら、夜の間に巣に忍び込んで捕まえちゃうみたいなんだけど…ちょっと意外だねー。
続きを読む

一体何匹いるの? インドネシアでの網を使ったエビの漁がすごい。

201711070201

こちらはインドネシアにて撮影された、地元の漁師たちによる網を使ったエビの漁の様子を収めた映像。その場ですぐにプラスチック製のケースにエビたちを詰めちゃってるね。このエビたちは日本の食卓にも並ぶのかな…?
続きを読む

なんという早技…。クモがカエルを糸でぐるぐる巻きにする決定的瞬間が撮影される。

201710190401

2017年8月4日にアメリカのフロリダ州ゲインズビルにて撮影された映像。撮影者さんが大きなジョロウグモの仲間とその巣に捕まってしまったヒキガエルを何気なくスマホで撮影していると…。なんと、そのクモが糸を使ってとんでもない早技でヒキガエルをぐるぐる巻きにしちゃいます。これからの寒い季節に備えて保存食にするのかな? とりあえず、クモが苦手な方はご注意を…。
続きを読む

全身透け透け! 深海でとても珍しい奇妙なイカが発見される。

201710170301

こちらはアメリカのワシントン州オリンピック半島近くの深海にて、科学探査船・E/Vノーティラス号によって撮影された貴重な映像。この「コカトゥー・スクウィッド」と名付けられた珍しいイカは、全身のほとんどが透明であり、鳥のような奇妙な腕を持っているんだとか。その体色も自由に変えることができるらしく、まだまだ謎の多いイカとのこと。深海にはまだまだ不思議な生物がいっぱいいるみたいだねー。
続きを読む

ヒィーッ! 自宅で見つけた巨大なアシダカグモを捕獲して外へ逃がす動画。

201710060401

2017年9月23日にオーストラリアのニューサウスウェールズ州モルーヤ・ヘッズにて撮影された映像。どこから入ってきたのか、室内で巨大なアシダカグモを発見。なんとか透明なタッパーの容器を使ってアシダカグモを捕獲し、家の外へと逃してあげましたとさ。この捕獲の方法は他の害虫やヤモリとかにも使えるから覚えておくと便利かも。
続きを読む

コヨーテ・ピーターソンが行く。大型のジョロウグモを手の上に乗せて危険性を検証。

201709270401

世界各地の珍しい生き物たちとの触れ合いの様子を撮影している、動物研究家のコヨーテ・ピーターソンさんの動画より。今回はアメリカ各地に広く生息する、ゴールデン・シルク・オーブ・ウィーバー(ジョロウグモの仲間)を手の上に乗せて危険性を検証しちゃいます。そのカラフルな色合いと大きいものでは体長が約30センチほどにもなることから、アメリカではとっても危険な生物だと考えられているこのクモ。…ネタバレしちゃうと、そんなに危険な生物ではなかったみたいですー。安心安心。
続きを読む

住み心地バツグン? ナマコのお尻の穴で暮らすカニ、現る。

201709260401

こちらはナマコのお尻の穴で暮らす、小さな白いカニの映像。どうやら、小さなカニがナマコの口内や肛門に住み着くこと自体はあまり珍しいことではないみたい。確かに賢いっちゃ賢いんだけど…ねぇ?
続きを読む

まるで恋人たちのダンス? とっても珍しいクリオネの交配の様子。

201709240401

こちらはロシアの北極海にて撮影された、とっても珍しいクリオネの交配の様子を収めた映像。このクリオネという生物は雌雄同体なので雄雌の区別がないとのこと。クリオネは捕食の瞬間が怖いことで有名だけど、交配の時は可愛らしいんだねー。
続きを読む

うっひゃーっ! 不気味なクモにジュースを一滴垂らしてみると…。

201709240101

2015年8月8日にアメリカのジョージア州カントンにて撮影された映像。夜に息子と車道を歩いていた撮影者さん。すると、背中がモゾモゾ動いている不気味なクモを発見。そこで手に持っていたジュースを一滴垂らしてみると…これはクモが苦手な方は要注意かも?
続きを読む

コヨーテ・ピーターソンが行く。カラフルでヘンテコな形をしたウニたちを捕獲。

201709160401

世界各地の珍しい生き物たちとの触れ合いの様子を撮影している、動物研究家のコヨーテ・ピーターソンさんの動画より。今回はハワイ諸島の最北端に位置するカウアイ島にてカラフルでヘンテコな形をした不思議なウニたちを捕獲。素手でウニを掴んだからか、トゲが刺さっちゃったみたいだけど大丈夫ー? この不思議なウニたちの捕獲シーンは、それぞれ動画再生の7分頃と11分頃から。
続きを読む

どいつもこいつも新種だらけ? NOAAによって新たに公開された深海生物たちの映像。

201709100401

こちらは地球の海洋と大気に関する調査と研究を専門に行う機関「アメリカ海洋大気庁(略称:NOAA)」によって新たに公開された深海生物たちの映像。海底から植物のように生える不気味な生物やウナギのようにクネクネと体を動かして泳ぐ深海魚など、不思議な生物がたくさん発見されたみたい。
続きを読む

コヨーテ・ピーターソンが行く。とっても巨大な有毒ヒトデを捕獲。

201709040401

世界各地の珍しい生き物たちとの触れ合いの様子を撮影している、動物研究家のコヨーテ・ピーターソンさんの動画より。今回はハワイ諸島の最北端に位置するカウアイ島にて、とっても巨大な有毒ヒトデを捕獲。あのコヨーテさんがダイビンググローブをしたまま触れるぐらいだから、かなり危ないヤツなのかな…? この巨大な有毒ヒトデの捕獲シーンは動画再生の5分半頃から。
続きを読む
Twitter 情報
いつでもどこでも、動物たちのいる暮らし。基本的には、100%フォローバックしますー!
関連ツイート
LINEで読者になる
記事サムネイル
  • これが百獣の王…? 水溜りに思いっきり前足を突っ込んでビショ濡れになる、オスのライオン。
  • これが百獣の王…? 水溜りに思いっきり前足を突っ込んでビショ濡れになる、オスのライオン。
  • マジっすか…? ワンちゃんにスパゲティーを与えるオウム現る。
  • マジっすか…? ワンちゃんにスパゲティーを与えるオウム現る。
  • 「たーのしー!」自宅のカーテンで遊ぶカワウソが可愛い。
  • 「たーのしー!」自宅のカーテンで遊ぶカワウソが可愛い。
  • 珍しい込み合わせ? ペットのアライグマとキツネのレスリングごっこ。
  • 珍しい込み合わせ? ペットのアライグマとキツネのレスリングごっこ。
  • 「やりやがったニャ?」子猫と大人の黒猫のじゃれ合いの様子が可愛い。
  • 「やりやがったニャ?」子猫と大人の黒猫のじゃれ合いの様子が可愛い。
  • 「誰か助けてニャー!」木の上から降りられなくなっていた子猫たちを救出。
  • 「誰か助けてニャー!」木の上から降りられなくなっていた子猫たちを救出。
  • パクパク動画。スライスされたリンゴを食べる、二羽のインコたちが可愛い。
  • パクパク動画。スライスされたリンゴを食べる、二羽のインコたちが可愛い。
  • わかりやすすぎる! ソファーをボロボロにしちゃったワンちゃんのリアクションが面白い。
  • わかりやすすぎる! ソファーをボロボロにしちゃったワンちゃんのリアクションが面白い。
  • ヘルプミー! 道路の溝に落ちてしまったカモの赤ちゃんたちを救出。
  • ヘルプミー! 道路の溝に落ちてしまったカモの赤ちゃんたちを救出。
記事検索
管理人から一言
気づけば、もう11月。早くこたつに入ってお餅が食べたいですね…。
スポンサーリンク
メールフォーム

名前
メール
本文
免責事項
当サイトのご利用は自己責任でお願いします。当サイト及び、外部リンク先のサイトをご利用したことにより発生した損失・損害について、当サイトは一切の責任と義務を負いません。

また当サイトは著作権の侵害を目的として運営されているものではありません。使用している版権物の知的所有権は、全て各著作者・団体に帰属しています。

もし、著作権や肖像権に関して問題がありましたら、こちらのページに記載されているメールアドレス宛てにメールにてご連絡していただくか、またはメールフォームより、ご連絡下さい。確認後、適切な対処を取らせていただきます。
こちらもどうぞ
記事検索
  • ライブドアブログ