どうぶつびより。

泣ける・感動する

ずっと元気でねー。大きく元気に育ったウミガメを海へ帰す瞬間。

201709240201

こちらはアメリカのフロリダ州クリアウォーターにあるクリアウォーター海洋水族館にて保護されていたウミガメを海へ帰す映像。現在では約76キロほどの大きく元気に育ったウミガメ。地元の人たちもビーチに集まり、Aお祭りムードでウミガメが海へと帰る姿を見送ります。
スポンサーリンク
続きを読む

「お久しぶりだワーン!」数年振りに親友と再会したワンちゃん、嬉しさのあまり大興奮する。

201709210101

こちらは幼い頃に仲良く遊んでいた親友のワンちゃんと数年振りの再会を果たしたメスのラブラドール・レトリバーの映像。嬉しさのあまり、大はしゃぎで家の中を走り回っちゃいます。今度はこっちからも遊びに行かないとねー。
続きを読む

ハリケーンの脅威。陸地に取り残されていた巨大なマナティーを救出。

201709170101

こちらは2017年8月末に発生した大型ハリケーン・イルマによる洪水によって陸地に取り残されていた巨大なマナティーを地元の人たちが救出する映像。大きなものでは体重が約500キロほどにも達するマナティーを黒いシーツのようなものに乗せて運び、無事に海へと帰すことに成功したとのこと。たくさんの人たちの協力がないと困難な救出作業だったねー。
続きを読む

無事でよかったね。大型ハリケーン・ハービーが過ぎ去った後に動物たちと再会を果たす男性。

201709150101

2017年8月末頃にアメリカ南部を襲った大型ハリケーン・ハービー。こちらの男性は地方自治体からの避難勧告を受け、自らが経営する牧場の動物たちをその場に残したまま、止むを得ず避難することに(避難所では動物の受け入れ体制が整っていなかったため)。そして、大型ハリケーンのハービーが過ぎ去った後、自らの牧場へと帰還して動物たちと再会を果たした男性。どうやら、動物たちはみんな無事だったみたいですー。
続きを読む

わーい! 一人ぼっちだった盲目のバッファローに乳牛のお友達ができる。

201709140101

こちらはずっと一人ぼっちだった盲目のメスのバッファロー。最近、同じ牧場にやってきた乳牛の赤ちゃんが、この盲目のバッファローに興味を持ったらしく、二人は大の仲良しになったんだとか。バッファローさん、お友達ができてよかったねー!
続きを読む

まさに奇跡? 湖で溺れていたシカの赤ちゃんに人工呼吸をして蘇生させる男性。

201709130101

湖のようなところで溺れかけていたシカの赤ちゃんを発見。男性が湖からシカの赤ちゃんを助け出し、陸地に寝かせてみると、どうやら息をしていない様子。男性が無我夢中で人工呼吸を行ってみると…なんとシカの赤ちゃんは息を吹き返し、奇跡的に蘇生させることに成功。このシカの赤ちゃんは全力疾走で逃げていっちゃったけど…何はともあれ、よかったよかった。
続きを読む

今、孵化したばかり。砂浜から海へと一斉に向かうウミガメの赤ちゃんたち。

201709110201

こちらはたった今、孵化したばかりのウミガメの赤ちゃんたちが、砂浜から海へと一斉に向かう瞬間を収めた映像。ちゃんとウミガメが産卵した場所には人が入り込めないように目印になる棒が立ててあるみたい。無事に大きく育ってくれるといいねー。
続きを読む

危機一髪? 沼の中で身動きが取れなくなっていたゾウの赤ちゃんを救出。

201709090101

こちらは沼の中で身動きが取れなくなっていたゾウの赤ちゃんを地元の住民たちが救出する映像。一旦、沼の近くで我が子を心配そうに見ていた母親のゾウを遠くまで離れさせてから、男性たちがゾウの赤ちゃんを引き上げたり、自ら沼の中に入って後ろから押し上げたりしてなんとか救出に成功。草原に残されたゾウの赤ちゃんは無事に母親と再会を果たし、これにて一件落着。
続きを読む

これは貴重な映像。クロコダイルに襲われているヌーをカバが助ける。

201708310401

こちらは南アフリカの鳥獣保護区である、クルーガー国立公園にて撮影された映像。クロコダイルに後ろ足を噛み付かれ、少しずつ湖の中へと引きずり込まれている一頭のヌー。同じ群れのヌーたちが為す術もなくただ見守る中、クロコダイルと同じ湖にいた二頭のカバが水の中からカバに突進してヌーを助け出します。このヌーは後ろ足を負傷してしまったけれど、こんなに珍しいこともあるんだね。
続きを読む

まるで映画みたい…? 一時的に保護されていたウミガメが海へと帰る瞬間。

201708280301

2016年の秋頃、アメリカのケープコッドにて低体温症などの原因により孤立していたところを地元の住民によって救助されたウミガメの赤ちゃん。その後、ニューイングランド水族館にて長いリハビリ期間を終え、ついに海へと帰ることに。多くの人々が見守る中、ウミガメは砂浜から海へと歩いていき、波に浸かり始めた時、ふと何かを確かめるようにこちらを振り向きます。
続きを読む

よくやった! 高速道路で走り回っていた犬を保護し、飼い主さんのもとへ届ける男性。

201708230401

高速道路を走行中、道端を走り回る真っ白な小型犬を発見した男性。住宅街へと迷いこんだ犬を車から降りて走って追いかけ、なんとか保護することに成功。そのまま偶然、近くで逃げ出した飼い犬を探していた飼い主さんの女性を発見し、無事に犬をお届けすることに。優しいお兄さんに見つけてもらえてよかったね。
続きを読む

「わーい、ありがとう!」濁流に飲み込まれた森へボートで乗り込み、野生の動物たちを救助する男性。

201708190401

近くで洪水が発生して濁流に飲み込まれてしまった森へボートで乗り込み、野生の動物たち(主にポッサムとアルマジロ)を救助する勇敢な男性。ボートに乗せられたポッサムたちが全く暴れていないのはすごいね。
続きを読む

上のクチバシを負傷して失ったオオハシ。3Dプリンターで新たなクチバシを手に入れる。

201708180401

原因は不明だけど、どこかで上のクチバシを負傷して失い、動物救助隊によって救助されたオオハシのフランキーくん。このままではフランキーくんを自然に帰すことは困難なため、3Dプリンターの技術を利用して新たなクチバシを制作することに。まだリハビリ中で自然には帰されていないみたいだけど、早く良くなってほしいね。
続きを読む

まさに奇跡的。プールで溺れていたトカゲに女性が心臓マッサージを行った結果…。

201708140301

プールで溺れていた小さなトカゲを女性が救出。そのトカゲを地面に置いてみると、ぐったりしたまま何の反応もなかったため、咄嗟に女性は指を使って心臓マッサージを開始。約1分間ほどの間、トカゲに声をかけ続けながら心臓マッサージを行っていると…奇跡的にトカゲが指を動かし始めました。こんなことって本当にあるんだね…。
続きを読む

助かってよかったね。橋に脚が挟まり、身動きが取れなくなっていた子馬を救出。

201708120301

詳細は不明なんだけれど、これは野生の馬なのかな? 撮影者の男性が地元にある木造の橋にて、脚が挟まって身動きが取れなくなっていた子馬を発見。母馬が心配そうに見守る中、男性が子馬の首の部分を掴んで持ち上げ、橋の向こうまで抱きかかえて運び、無事子馬を救出することに成功。とりあえず、橋から落っこちなくてよかったよかった。
続きを読む
月別アーカイブ
Twitter 情報
いつでもどこでも、動物たちのいる暮らし。基本的には、100%フォローバックしますー!
関連ツイート
LINEで読者になる
記事サムネイル
  • 悟りの境地。背中にニワトリが乗っても全く動じないヤギ、現る。
  • 悟りの境地。背中にニワトリが乗っても全く動じないヤギ、現る。
  • ナマズホイホイ。20リットルのウォーターボトルを使ったお手軽トラップ。
  • ナマズホイホイ。20リットルのウォーターボトルを使ったお手軽トラップ。
  • これがヒーロードッグ。メキシコ地震の被災者たちを捜索する犬たち。
  • これがヒーロードッグ。メキシコ地震の被災者たちを捜索する犬たち。
  • まるで恋人たちのダンス? とっても珍しいクリオネの交配の様子。
  • まるで恋人たちのダンス? とっても珍しいクリオネの交配の様子。
  • 「絶対ムリだワーン!」どうしても大きな木の枝を運びたいジャーマン・シェパードが可愛い。
  • 「絶対ムリだワーン!」どうしても大きな木の枝を運びたいジャーマン・シェパードが可愛い。
  • ずっと元気でねー。大きく元気に育ったウミガメを海へ帰す瞬間。
  • ずっと元気でねー。大きく元気に育ったウミガメを海へ帰す瞬間。
  • うっひゃーっ! 不気味なクモにジュースを一滴垂らしてみると…。
  • うっひゃーっ! 不気味なクモにジュースを一滴垂らしてみると…。
  • 意外とバレない? 作り物のオウムを見たオウムたちのリアクション。
  • 意外とバレない? 作り物のオウムを見たオウムたちのリアクション。
  • 「なんなんだワン!?」背中に人形が乗っているコスチュームを着せられたフレンチ・ブルドッグが面白い。
  • 「なんなんだワン!?」背中に人形が乗っているコスチュームを着せられたフレンチ・ブルドッグが面白い。
記事検索
管理人から一言
この前、お風呂場でヤモリの赤ちゃんを捕まえました。ド田舎あるあるです…。
スポンサーリンク
メールフォーム

名前
メール
本文
免責事項
当サイトのご利用は自己責任でお願いします。当サイト及び、外部リンク先のサイトをご利用したことにより発生した損失・損害について、当サイトは一切の責任と義務を負いません。

また当サイトは著作権の侵害を目的として運営されているものではありません。使用している版権物の知的所有権は、全て各著作者・団体に帰属しています。

もし、著作権や肖像権に関して問題がありましたら、こちらのページに記載されているメールアドレス宛てにメールにてご連絡していただくか、またはメールフォームより、ご連絡下さい。確認後、適切な対処を取らせていただきます。
こちらもどうぞ
記事検索
  • ライブドアブログ