どうぶつびより。

ウミガメ

気候変動の影響? 世界の気温の上昇にともなってメス化していくウミガメたち。

201801130301

こちらは世界の気温の上昇にともなってメス化していくウミガメたちについて取り上げたニュース動画。ウミガメは卵が孵化する際の砂の温度によって性別が決定されるんだけれど、近年の気候変動の影響でメスのウミガメが生まれる確率がとても高くなってきているんだとか。例えば、オーストラリアのグレート・バリア・リーフにあるレイン島では、この約20年間ほぼメスのウミガメしか生まれていないことが判明しているとのこと。うーん、ウミガメの個体数はこれからさらに減少していくのかも…。
スポンサーリンク
続きを読む

海水が冷たくてぐったり。寒さの影響で弱ってしまった、約50匹以上ものウミガメたちを保護。

201801120101

こちらはアメリカのフロリダ州クリアウォーターにある、クリアウォーター海洋水族館にて撮影された映像。ここ数日間続いたという寒さの影響で弱ってしまった、約50匹以上ものウミガメたちを保護。現在、このウミガメたちは水族館内で療養しながら体調が戻り次第、一匹ずつ海に帰していく予定とのこと。この寒い季節が早く過ぎ去ってくれるといいんだけど…。
続きを読む

「うぅ、寒いよー」クリアウォーター海洋水族館へとリハビリにやってきた、12匹の小さなウミガメたち。

201712150301

こちらはアメリカのフロリダ州クリアウォーターにある、クリアウォーター海洋水族館にて撮影された映像。ニューイングランドの砂浜にて、冷たい海水の影響で弱っていた12匹の小さなウミガメたちが、一時的なリハビリのためにクリアウォーター海洋水族館へとやってきたんだとか。現在、このウミガメたちの体調は良好らしく、様子を見て海へと帰すみたい。今の間にたくさん栄養をとっておきたいねー。
続きを読む

「う、動けない…」岩場で身動きが取れなくなっていたウミガメを救出。

201712050201

こちらはプラスチックのゴミが体に絡まり、岩場で身動きが取れなくなっていたウミガメを救出する動画。このウミガメを発見した二人の男性たちはナイフなどを持っていたなかったため、ライターでゴミを炙ってちぎり、無事にウミガメを海へと帰します。少しだけ体力を消耗しているように見えるけれど、大丈夫そうでよかったよかったー。
続きを読む

これでもう大丈夫。漁具のネットに引っかかっていた二頭のウミガメを救出。

201710270301

こちらは動物救助隊の隊員たちが漁具のネットに引っかかっていた二頭のウミガメを救出する映像。クラゲと間違えてネットに近づき、そのまま甲羅やヒレにネットが引っかかっちゃうウミガメは多いみたいなんだけれど、二頭同時っていうのは珍しいね。もしかして、仲間を助けようとして自分もネットに引っかかっちゃったのかも? とにかく、二頭とも無事に救出されたみたいでよかったねー。
続きを読む

ずっと元気でねー。大きく元気に育ったウミガメを海へ帰す瞬間。

201709240201

こちらはアメリカのフロリダ州クリアウォーターにあるクリアウォーター海洋水族館にて保護されていたウミガメを海へ帰す映像。現在では約76キロほどの大きく元気に育ったウミガメ。地元の人たちもビーチに集まり、Aお祭りムードでウミガメが海へと帰る姿を見送ります。
続きを読む

今、孵化したばかり。砂浜から海へと一斉に向かうウミガメの赤ちゃんたち。

201709110201

こちらはたった今、孵化したばかりのウミガメの赤ちゃんたちが、砂浜から海へと一斉に向かう瞬間を収めた映像。ちゃんとウミガメが産卵した場所には人が入り込めないように目印になる棒が立ててあるみたい。無事に大きく育ってくれるといいねー。
続きを読む

とっても珍しい。頭が二つあるウミガメの赤ちゃんが発見される。

201708300401

こちらはアメリカのフロリダ州にあるビーチにて地元の科学者によって発見された、頭が二つあるウミガメの赤ちゃんの映像。この科学者さん曰く、先天性の奇形を持ったウミガメの個体自体はそこまで珍しくはないものの、生きたままの状態で発見されることは極めて珍しいとのこと。ちなみにウミガメの赤ちゃんの中で無事に大人に成長できるのは1,000匹に1匹程度なんだとか。ちょっと悲しい数字だね。
続きを読む

まるで映画みたい…? 一時的に保護されていたウミガメが海へと帰る瞬間。

201708280301

2016年の秋頃、アメリカのケープコッドにて低体温症などの原因により孤立していたところを地元の住民によって救助されたウミガメの赤ちゃん。その後、ニューイングランド水族館にて長いリハビリ期間を終え、ついに海へと帰ることに。多くの人々が見守る中、ウミガメは砂浜から海へと歩いていき、波に浸かり始めた時、ふと何かを確かめるようにこちらを振り向きます。
続きを読む

親切な人に見つかってよかったね。漁具に絡まっていたウミガメをダイバーが救出。

201708220401

海に放棄された漁具に甲羅が絡まっていたウミガメをスキューバダイビング中の男性たちが発見。偶然持っていた小型のナイフで縄を切断し、ウミガメを救出することに成功。このウミガメみたいに放棄された漁具によって動物が傷つけられることは結構よくあることなんだとか。ちゃんとゴミはゴミ箱に捨てようね。
続きを読む

景観が素晴らしい。カウアイ島に生息する、海の生き物たちと触れ合う。

201708180301

世界各地の珍しい生き物たちとの触れ合いの様子を撮影している、動物研究家のコヨーテ・ピーターソンさんの動画より。今回はアメリカのハワイ諸島最北端に位置するカウアイ島にて、シュノーケリングを楽しみながら巨大なウミガメやド派手なウニなど様々な海の生き物たちと触れ合っちゃいます。この巨大なウミガメの登場シーンは動画再生の4分頃、ド派手なウニの発見シーンは動画再生の7分頃から。
続きを読む

「お前ら急げー!」海を目指して走る、ウミガメの赤ちゃんたち。

201708050201

2017年7月12日にアメリカのサウスカロライナ州アイルオブパームズにて撮影された映像。砂浜で孵化したばかりのウミガメの赤ちゃんたちが、海を目指して一目散に走る走る。撮影者さんによると、このウミガメの赤ちゃんたちは約70匹ほどいたとのこと。無事に大きく育つといいね。
続きを読む

わーい、ずっと元気でねー! 救助されたウミガメを海に返す瞬間。

201707120601

2017年5月23日にアメリカのジョージア州にあるジキル島にて撮影された映像。地元のウミガメ救助隊によって一時的に救助されていたウミガメを海に返します。ウミガメの種類の中にはレッドリストで近絶滅種に指定されているものもいるようで、世界中でたくさんのウミガメ救助隊の人々が今日も活動しているみたい。ヒレのような前足をバタバタさせてて可愛いね。
続きを読む

スパゲティか、これー? 毒を持つクラゲを平然と食べちゃうウミガメ。

201707110401

こちらはスパゲティのような姿をした神経毒を持つクラゲを平然と食べちゃうウミガメの動画。ウミガメは瞼を閉じて目を保護し、そのヒレのような形をした手足を上手に使ってクラゲの触手から身を守っているとのこと。こうなっちゃったら、もうクラゲに逃げ場はなさそうだね…。
続きを読む

家庭用のプールに迷い込んだ、体重約110キロのウミガメを救出。

201706250401

フロリダ州イスラモラダのとある民家にて、体重約110キロの巨大なウミガメが家庭用のプールで泳いでいるところを住民が発見。その後、地元のレスキュー隊によってウミガメは救出され、無事に海へと返されたという。どうやら、産卵のために海岸を登ってきたウミガメが誤ってプールに侵入しちゃったとのこと。
続きを読む
Twitter 情報
いつでもどこでも、動物たちのいる暮らし。100%フォローバックしますー! #フォロバ #リフォロー #相互フォロー
関連ツイート
LINEで読者になる
記事サムネイル
  • 「美味そうだニャ…」テレビに映し出されたネズミの姿を目で追ってしまう、たくさんのニャンコたち。
  • 「美味そうだニャ…」テレビに映し出されたネズミの姿を目で追ってしまう、たくさんのニャンコたち。
  • 全身カッチコチ。池から鼻先だけを出し、冬眠するワニが発見される。
  • 全身カッチコチ。池から鼻先だけを出し、冬眠するワニが発見される。
  • これは頼もしすぎる。川で溺れた振りをする飼い主さんと、その飼い主さんを急いで救出するワンちゃん。
  • これは頼もしすぎる。川で溺れた振りをする飼い主さんと、その飼い主さんを急いで救出するワンちゃん。
  • 「ね、眠るもんか…」必死に目を開けていようと奮闘する、アヒルの赤ちゃん。
  • 「ね、眠るもんか…」必死に目を開けていようと奮闘する、アヒルの赤ちゃん。
  • なんだコイツ!? 深海にて発見された、魔法陣のような模様を持つ珍しいクラゲ。
  • なんだコイツ!? 深海にて発見された、魔法陣のような模様を持つ珍しいクラゲ。
  • 頭良すぎっ! ソリを使って一人遊びをする、オーストラリアン・シェパードがすごい。
  • 頭良すぎっ! ソリを使って一人遊びをする、オーストラリアン・シェパードがすごい。
  • ハァ~ビバノンノン! 綺麗な緑色のインコのバスタイム風景。
  • ハァ~ビバノンノン! 綺麗な緑色のインコのバスタイム風景。
  • 何がしたいの…!? オマヌケなポーズを披露する、ブルマスティフ。
  • 何がしたいの…!? オマヌケなポーズを披露する、ブルマスティフ。
  • 一体何頭いるの!? スノーモービルで雪道を走行中に遭遇した、アメリカバイソンの群れ。
  • 一体何頭いるの!? スノーモービルで雪道を走行中に遭遇した、アメリカバイソンの群れ。
記事検索
管理人から一言
新年、明けましておめでとうございますー。これからも細々と更新して参りますので、本年もよろしくお願いしますー!
スポンサーリンク
メールフォーム

名前
メール
本文
免責事項
当サイトのご利用は自己責任でお願いします。当サイト及び、外部リンク先のサイトをご利用したことにより発生した損失・損害について、当サイトは一切の責任と義務を負いません。

また当サイトは著作権の侵害を目的として運営されているものではありません。使用している版権物の知的所有権は、全て各著作者・団体に帰属しています。

もし、著作権や肖像権に関して問題がありましたら、こちらのページに記載されているメールアドレス宛てにメールにてご連絡していただくか、またはメールフォームより、ご連絡下さい。確認後、適切な対処を取らせていただきます。
こちらもどうぞ
記事検索
  • ライブドアブログ