どうぶつびより。

ヘビ

「やぁ、こんにちは!」なぜかレタスの中にいたヘビの赤ちゃん。

201709210401

詳細は不明なんだけど…。撮影者の女性が市場でレタスを購入し、自宅で調理しようとしたところ、なんとレタスの中から小さなヘビの赤ちゃんが。ナメクジとか小さな虫とかならまだわかるけど、レタスからヘビが出てきたらびっくりしちゃうねー。
スポンサーリンク
続きを読む

カンボジアの日常。三人の少年たちが巨大なヘビを素手で捕獲。

201709080201

こ、こいつら…ワイルドすぎるだろ…。大人たちがトラクターを操作して田んぼを耕している中、その近くで小さなカニなどを捕まえて遊んでいる少年たち。すると、この田んぼで巨大なヘビを発見。今夜のディナーの食材にするべく(だよね?)、少年たちが素手で捕獲しちゃいます。
続きを読む

ヘビに丸呑みされた仲間たちを救い出せ。トッケイヤモリとヘビの戦い。

201709070201

少し画質が悪いけれど…。こちらはトッケイヤモリの住処に忍び寄り、3匹のトッケイヤモリたちを丸呑みしたヘビと、その丸呑みされた仲間たちを助け出そうとするトッケイヤモリの戦いを収めた映像。捕食直後のヘビは脅かされると胃の内容物を吐き出す習性があるらしく、最終的にはこのヘビは3匹全てのトッケイヤモリを吐き出したとのこと。この仲間のためにヘビと戦ったトッケイヤモリは勇気があるねー。
続きを読む

ヘビの孵化をお手伝い。爬虫類のペットショップで開催された爬虫類動物園イベントの様子。

201709020401

アメリカのカリフォルニア州ファウンテンバレーに本店を置く、主に爬虫類の動物たちを専門に取り扱っているペットショップ「Prehistoric Pets」のオーナー ジェイ・ブリューワーさんの動画より。今回はレプタイル・ズー(爬虫類動物園)というイベントを店内で開催し、ヘビの孵化のお手伝いなどの体験学習を通して命の大切さや素晴らしさを子供たちに感じてもらいます。ヘビが苦手な方は少し注意が必要かも…。
続きを読む

「イェーイ! ノッてるか~い?」音楽に超ノリノリなヘビが発見される。

201709010101

2017年8月23日にアメリカのオレゴン州ビッグ・サミット・プレイリーにて撮影された映像。地元のDJが小さな湖でライブを行うということで、友人たちと一緒にそのライブを観に行った撮影者さん。すると、そこで地面を這う小さなヘビを発見。そのヘビをよく見てみると…DJのプレイに超ノリノリだった!? まぁ、音が大きすぎて体が無理やり反応しちゃってるだけだと思うんだけどね。
続きを読む

お前らマジか? カンボジア人の二人の少年が巨大なヘビを素手で捕獲。

201708090301

小型のトラクターで村道を走る、カンボジア人の二人の少年。すると、道端の草むらに巨大なヘビを発見。何の躊躇いもなく、二人の少年はヘビのもとへと駆け寄っていき…当たり前のように素手で捕獲しちゃった!? カンボジアだと、ヘビはポピュラーな食材の一つらしいけれど…これがカンボジアの日常なのかな? この巨大なヘビの捕獲作業は動画再生の1分半頃から。
続きを読む

天敵のヘビを撃退。ネズミカンガルーの巧みなジャンプキック攻撃。

201708050401

こちらはナイトビジョンカメラを使用して撮影された映像。砂漠に生息するネズミカンガルーが、天敵のヘビを巧みなジャンプキック攻撃で撃退する瞬間。これはネズミカンガルーの脚が偶然ヘビに当たったのではなくて、ネズミカンガルーは確実にヘビの頭を狙ってキックをしたり、ヘビの顔に向けて砂をかけたりするんだとか。小柄な生き物だけど、とっても賢いんだね。
続きを読む

これはでかすぎる…。シンプルなトラップで巨大な二匹のヘビを捕獲。

201707250201

カンボジア人の二人の少年が、シンプルなトラップで巨大な二匹のヘビを捕獲する動画。まず、湿地帯に深く穴を掘り、その穴の入口と底に小魚の切り身をバラ撒く。次に草木を使って穴をカモフラージュすれば、簡単なトラップの完成。5時間後、再び様子を見に来ると、そこには巨大な二匹のヘビが…。この巨大なヘビの捕獲作業は動画再生の9分頃から。
続きを読む

待って、それミミズじゃないよ!? 小さなヘビをパクパク食べちゃうニワトリ。

201707110301

アメリカのウィスコンシン州バーナムウッドにて、真っ赤な小さいヘビをパクパク食べるニワトリが撮影されちゃいました。撮影者さんによると、このヘビは毒を持っていない種類のヘビとのこと。これ絶対大きなミミズと誤解して食べちゃってるよね…?
続きを読む

ほえー、でっかい…。二人の少年がバイクを走行中に見つけた巨大なヘビを捕獲。

201707080201

カンボジア人の二人の少年がバイクで砂道を走行中、道端で巨大なヘビを発見。そのまま何の躊躇いもなく、素手でヘビを捕獲しちゃいます。これって最後はヘビを逃してあげてるのかな…?
続きを読む

爬虫類好きには天国…? 夜のペットショップを大冒険。

201707070201

アメリカのカリフォルニア州ファウンテンバレーに本店を置く、主に爬虫類の動物たちを専門に取り扱っているペットショップ「Prehistoric Pets」のオーナー、ジェイ・ブリューワーさんの動画より。今回はジェイさんが二人の青年を引き連れて、夜のペットショップの店内を大冒険。色鮮やかなヘビをはじめ、小型のワニや大型のトカゲなど、いろいろな動物に触れ合っちゃいます。
続きを読む

ヘビの赤ちゃんが孵化を始めた! そこで卵の殻を手で破ってお手伝い。

201707060201

アメリカのカリフォルニア州ファウンテンバレーに本店を置く、主に爬虫類の動物を専門に取り扱うペットショップ「Prehistoric Pets」のオーナー、ジェイ・ブリューワーさんの動画より。ヘビの赤ちゃんが次々と孵化し始めたらしく、卵の殻を手で破ってお手伝い。…ていうか、この卵ちょっと大きくない? 卵の殻破りは動画再生の3分30秒頃から。
続きを読む

えぇ、これ全部食べちゃうの!? カンボジア人のネットを使った漁にワクワク。

201707030101

カンボジア人の漁師さんが、小さな湖でネットを使った漁を行う様子を収めた映像。このネットを使った漁はカンボジア国内ではもっともポピュラーな方法らしく、主にナマズとライギョが捕獲されるんだとか。でも、この映像を見る限りだと大きな貝やカニ、ヘビなども捕獲されてて、見てるだけでワクワクしちゃうね。
続きを読む

ワイルドすぎる! 二人の少年が巨大なヘビを素手で捕獲。

201706270201

カンボジア人の二人の少年が、小さな運河で巨大なヘビを素手で捕獲しちゃう動画。なんというか、ヘビを見つけたら一目散にヘビの方へ飛び込んだり、途中で一人がヘビに噛まれてたり…カンボジアの子供はいろいろとワイルドすぎる。
続きを読む

愛犬のオモチャだと思って掴んだモノ。それは…。

201706240201

カリフォルニア州に住む、アリエル・ロッソさんの妻・カーラさん。就寝前、バスローブ姿のままで自宅の門へと向かったカーラさんが、暗闇の中で愛犬のオモチャだと思って掴んだモノ。それは…。
続きを読む
月別アーカイブ
Twitter 情報
いつでもどこでも、動物たちのいる暮らし。基本的には、100%フォローバックしますー!
関連ツイート
LINEで読者になる
記事サムネイル
  • 悟りの境地。背中にニワトリが乗っても全く動じないヤギ、現る。
  • 悟りの境地。背中にニワトリが乗っても全く動じないヤギ、現る。
  • ナマズホイホイ。20リットルのウォーターボトルを使ったお手軽トラップ。
  • ナマズホイホイ。20リットルのウォーターボトルを使ったお手軽トラップ。
  • これがヒーロードッグ。メキシコ地震の被災者たちを捜索する犬たち。
  • これがヒーロードッグ。メキシコ地震の被災者たちを捜索する犬たち。
  • まるで恋人たちのダンス? とっても珍しいクリオネの交配の様子。
  • まるで恋人たちのダンス? とっても珍しいクリオネの交配の様子。
  • 「絶対ムリだワーン!」どうしても大きな木の枝を運びたいジャーマン・シェパードが可愛い。
  • 「絶対ムリだワーン!」どうしても大きな木の枝を運びたいジャーマン・シェパードが可愛い。
  • ずっと元気でねー。大きく元気に育ったウミガメを海へ帰す瞬間。
  • ずっと元気でねー。大きく元気に育ったウミガメを海へ帰す瞬間。
  • うっひゃーっ! 不気味なクモにジュースを一滴垂らしてみると…。
  • うっひゃーっ! 不気味なクモにジュースを一滴垂らしてみると…。
  • 意外とバレない? 作り物のオウムを見たオウムたちのリアクション。
  • 意外とバレない? 作り物のオウムを見たオウムたちのリアクション。
  • 「なんなんだワン!?」背中に人形が乗っているコスチュームを着せられたフレンチ・ブルドッグが面白い。
  • 「なんなんだワン!?」背中に人形が乗っているコスチュームを着せられたフレンチ・ブルドッグが面白い。
記事検索
管理人から一言
この前、お風呂場でヤモリの赤ちゃんを捕まえました。ド田舎あるあるです…。
スポンサーリンク
メールフォーム

名前
メール
本文
免責事項
当サイトのご利用は自己責任でお願いします。当サイト及び、外部リンク先のサイトをご利用したことにより発生した損失・損害について、当サイトは一切の責任と義務を負いません。

また当サイトは著作権の侵害を目的として運営されているものではありません。使用している版権物の知的所有権は、全て各著作者・団体に帰属しています。

もし、著作権や肖像権に関して問題がありましたら、こちらのページに記載されているメールアドレス宛てにメールにてご連絡していただくか、またはメールフォームより、ご連絡下さい。確認後、適切な対処を取らせていただきます。
こちらもどうぞ
記事検索
  • ライブドアブログ