どうぶつびより。

ヘラジカ

ヒヤリとする瞬間。子持ちのヘラジカに襲われかける女性。

201711080301

こちらはアメリカのコロラド州にて撮影された、犬の散歩中の女性が子持ちのヘラジカに襲われかける映像。どうやら、ヘラジカには二頭の子供がいたため、警戒心が強まっていて女性を威嚇する形になってしまったみたい。普段のヘラジカの性格は温厚で滅多に人を襲うことはないけれど、子供がいる場合には少し警戒が必要かもしれないねー。
スポンサーリンク
続きを読む

「オーマイガー!」自宅前に停めてあったトヨタ・プリウスにタックルする野生のヘラジカ。

201711010401

2017年10月20日にアメリカのアラスカ州アンカレッジにて撮影された映像。自宅前に停めてあったトヨタ・プリウスと郵便箱にタックルする野生のヘラジカ。プリウスからは聞きたくないようなバリバリという嫌な音が聞こえちゃっているけれど…。もちろん、これって保険はおりないよね?
続きを読む

母は強し。川に落っこちた我が子を助けようとする、母親のヘラジカ。

201710230301

こちらは足を滑らせて川に落っこちてしまった我が子を助けようとする、母親のヘラジカの映像。自分の体を盾にして水の流れを弱めようとする母親のヘラジカ。最終的には子供のヘラジカが気合で川を泳いで陸に上がることができたみたいだけど、この母親のヘラジカはなかなか勇敢だねー。
続きを読む

やれんのか!? 貴重な野生のヘラジカたちの決闘の様子。

201710040301

こちらは貴重な野生のヘラジカたちの決闘の様子を収めた映像。このヘラジカはシカの最大種で大きいものでは体長が3メートル、体重が800キロに達するものもいるんだとか。もし、森の中でヘラジカを見かけても絶対に近づかないように…。
続きを読む

なんだ、この神々しさは…? とっても珍しい真っ白なヘラジカが発見される。

201708170301

こちらはスウェーデンにて撮影された、とっても珍しい真っ白なヘラジカの映像。この映像だと瞳孔が黒く見えるから、アルビノの個体じゃなくて白変種の個体だと思うんだけど…どうなんだろう? ファンタジー映画に出てきても全く違和感は無さそうだね。
続きを読む
Twitter 情報
いつでもどこでも、動物たちのいる暮らし。100%フォローバックしますー! #フォロバ #リフォロー #相互フォロー
関連ツイート
LINEで読者になる
記事サムネイル
  • 「美味そうだニャ…」テレビに映し出されたネズミの姿を目で追ってしまう、たくさんのニャンコたち。
  • 「美味そうだニャ…」テレビに映し出されたネズミの姿を目で追ってしまう、たくさんのニャンコたち。
  • 全身カッチコチ。池から鼻先だけを出し、冬眠するワニが発見される。
  • 全身カッチコチ。池から鼻先だけを出し、冬眠するワニが発見される。
  • これは頼もしすぎる。川で溺れた振りをする飼い主さんと、その飼い主さんを急いで救出するワンちゃん。
  • これは頼もしすぎる。川で溺れた振りをする飼い主さんと、その飼い主さんを急いで救出するワンちゃん。
  • 「ね、眠るもんか…」必死に目を開けていようと奮闘する、アヒルの赤ちゃん。
  • 「ね、眠るもんか…」必死に目を開けていようと奮闘する、アヒルの赤ちゃん。
  • なんだコイツ!? 深海にて発見された、魔法陣のような模様を持つ珍しいクラゲ。
  • なんだコイツ!? 深海にて発見された、魔法陣のような模様を持つ珍しいクラゲ。
  • 頭良すぎっ! ソリを使って一人遊びをする、オーストラリアン・シェパードがすごい。
  • 頭良すぎっ! ソリを使って一人遊びをする、オーストラリアン・シェパードがすごい。
  • ハァ~ビバノンノン! 綺麗な緑色のインコのバスタイム風景。
  • ハァ~ビバノンノン! 綺麗な緑色のインコのバスタイム風景。
  • 何がしたいの…!? オマヌケなポーズを披露する、ブルマスティフ。
  • 何がしたいの…!? オマヌケなポーズを披露する、ブルマスティフ。
  • 一体何頭いるの!? スノーモービルで雪道を走行中に遭遇した、アメリカバイソンの群れ。
  • 一体何頭いるの!? スノーモービルで雪道を走行中に遭遇した、アメリカバイソンの群れ。
記事検索
管理人から一言
新年、明けましておめでとうございますー。これからも細々と更新して参りますので、本年もよろしくお願いしますー!
スポンサーリンク
メールフォーム

名前
メール
本文
免責事項
当サイトのご利用は自己責任でお願いします。当サイト及び、外部リンク先のサイトをご利用したことにより発生した損失・損害について、当サイトは一切の責任と義務を負いません。

また当サイトは著作権の侵害を目的として運営されているものではありません。使用している版権物の知的所有権は、全て各著作者・団体に帰属しています。

もし、著作権や肖像権に関して問題がありましたら、こちらのページに記載されているメールアドレス宛てにメールにてご連絡していただくか、またはメールフォームより、ご連絡下さい。確認後、適切な対処を取らせていただきます。
こちらもどうぞ
記事検索
  • ライブドアブログ