どうぶつびより。

捕獲

これも仕事の一環? ヘビを捕まえるトレーニングを受ける女性。

201711210401

2017年10月11日にオーストラリアの南オーストラリア州ポートオーガスタにて撮影された映像。具体的な職業とかはわからないんだけれど、仕事の関係でヘビを捕まえるトレーニングを受ける女性。日本でも、ヘビを捕まえる能力が必要な職業とかってあるのかな…?
スポンサーリンク
続きを読む

意外と素早い…? 野鳥を捕まえちゃう巨大なヤシガニ。

201711070301

陸上に棲息するもっとも大きな無脊椎動物・ヤシガニ。このヤシガニは、一般的にはココナッツを食べることで知られているけれど、実はネズミや野鳥などの小動物も捕獲して食べちゃうんだとか。どうやら、夜の間に巣に忍び込んで捕まえちゃうみたいなんだけど…ちょっと意外だねー。
続きを読む

元気があれば何でもできる…? 巨大なイタチザメを気合で捕獲。

201710160401

2016年10月15日にアメリカのマサチューセッツ州ナンタケットにて撮影された映像。巨大なイタチザメの口元と尾ビレに頑丈なロープを括り付け、力任せに砂浜へと引っ張り上げるマッチョな男性たち。最終的には無事に捕獲できたみたいだけど…これって大きな漁船とかで釣り上げるタイプの魚なんじゃ…?
続きを読む

穴を掘って待つだけ。カンボジア人の三人の少年が作る、ナマズ捕獲トラップ。

201710130401

こちらカンボジア人の三人の少年がお手軽なナマズ捕獲トラップを作り、たくさんのナマズを捕獲する動画。まず、池の近くの泥地に深さ約50センチほどの穴を掘り、その周りを滑らかにする。次に池側の入り口部分に割った貝を巻き、草で木陰を作ればあっという間にナマズ捕獲トラップの完成。8時間後、トラップを確認すると、そこにはたくさんのナマズたちが。
続きを読む

ナマズホイホイ。20リットルのウォーターボトルを使ったお手軽トラップ。

201709250201

こちらはカンボジア人の二人の少年が、20リットルのプラスチック製ウォーターボトルを使ったお手軽トラップでナマズを大量に捕獲しちゃう動画。まず、ナマズがいる池の側に穴を掘り、容器の口が池の方を向くようにしてウォーターボトルを設置。次にウォーターボトルを泥で埋めてから入り口を滑らかにし、細かく切った鶏肉を撒く。あとはしばらく時間が経ってからウォーターボトルの中を漁れば大量のナマズが捕獲できちゃうってわけ。
続きを読む

池の側に穴を掘るだけ! シンプルな泥穴トラップでナマズとウナギを大量ゲット。

201709180301

こちらはシンプルな泥穴トラップを使ってナマズとウナギを大量にゲットしちゃう動画。まず、池の側にある泥の部分に深さ50センチぐらいの穴を掘る。次に穴の入り口を滑らかにし、その上に草などを乗せて陰を作ればあっという間にトラップの完成。数時間後に確認すると、泥穴の中には大量の魚たちが…! どうやら、ナマズやウナギなどが持っている「暗くて狭い場所を好む」という習性を利用しているみたいだねー。
続きを読む

カンボジアの日常。三人の少年たちが巨大なヘビを素手で捕獲。

201709080201

こ、こいつら…ワイルドすぎるだろ…。大人たちがトラクターを操作して田んぼを耕している中、その近くで小さなカニなどを捕まえて遊んでいる少年たち。すると、この田んぼで巨大なヘビを発見。今夜のディナーの食材にするべく(だよね?)、少年たちが素手で捕獲しちゃいます。
続きを読む

お前らマジか? カンボジア人の二人の少年が巨大なヘビを素手で捕獲。

201708090301

小型のトラクターで村道を走る、カンボジア人の二人の少年。すると、道端の草むらに巨大なヘビを発見。何の躊躇いもなく、二人の少年はヘビのもとへと駆け寄っていき…当たり前のように素手で捕獲しちゃった!? カンボジアだと、ヘビはポピュラーな食材の一つらしいけれど…これがカンボジアの日常なのかな? この巨大なヘビの捕獲作業は動画再生の1分半頃から。
続きを読む

古代から姿が変わっていない珍しい生き物。生きた化石・カブトガニを捕獲。

201707280401

世界各地の珍しい生き物たちとの触れ合いの様子を撮影している、動物研究家のコヨーテ・ピーターソンさんの動画より。今回はアメリカのメイン州ハープスウェルの湿地帯にて、生きた化石とも呼ばれるカブトガニを捕獲しちゃいます。このカブトガニの捕獲作業は動画再生の3分半頃から。
続きを読む

これは何年モノ…? 甲羅にたくさんの藻がついたカメを捕獲。

201707270301

アメリカのフロリダ州オッタースプリングスにて、湖で遊んでいた少年が甲羅の表面にたくさんの藻がついたカメを捕獲。一見すると、完全に地面に同化しちゃっているように見えるけれど…これだけの藻がくっつくにはどれぐらいの年月が必要なんだろう?
続きを読む

鋭い牙を持ったミミズ? 有毒生物のブラッドワームを捕獲。

201707260201

世界各地の珍しい生き物たちとの触れ合いの様子を撮影している、動物研究家のコヨーテ・ピーターソンさんの動画より。今回は、海岸近くの沼地に棲息しているという有毒生物のブラッドワームを捕獲しちゃいます。鋭い牙と細かな足のあるミミズって感じかな…? このブラッドワームの捕獲作業は動画再生の6分半頃から。
続きを読む

これはでかすぎる…。シンプルなトラップで巨大な二匹のヘビを捕獲。

201707250201

カンボジア人の二人の少年が、シンプルなトラップで巨大な二匹のヘビを捕獲する動画。まず、湿地帯に深く穴を掘り、その穴の入口と底に小魚の切り身をバラ撒く。次に草木を使って穴をカモフラージュすれば、簡単なトラップの完成。5時間後、再び様子を見に来ると、そこには巨大な二匹のヘビが…。この巨大なヘビの捕獲作業は動画再生の9分頃から。
続きを読む

ほえー、でっかい…。二人の少年がバイクを走行中に見つけた巨大なヘビを捕獲。

201707080201

カンボジア人の二人の少年がバイクで砂道を走行中、道端で巨大なヘビを発見。そのまま何の躊躇いもなく、素手でヘビを捕獲しちゃいます。これって最後はヘビを逃してあげてるのかな…?
続きを読む

目からウロコ! お手軽トラップでナマズを大量捕獲。

201707050201

こちらはナマズの暗くて狭い場所を好むという習性を利用し、お手軽なトラップでナマズを大量に捕獲しちゃう動画。まず、大きな湖の側に少し深めの穴を掘り、湖からナマズが入り込めるような浅めの道を作る。次にその穴にタライを逆さまに被せて影を作り、簡単なカモフラージュをする。あとは数時間経ってから穴を漁れば、大量のナマズが閉じ込められているというわけ。
続きを読む

家畜を狙って農家の敷地に現れた、全長約3メートルの巨大なアリゲーターを捕獲。

201707010101

2017年6月19日、アメリカのテキサス州東部にて撮影された映像。家畜の仔牛を狙って農家の敷地に現れた全長約3メートルの巨大なアリゲーターを、この家に住むラングラー・ラッソさんが捕獲することに成功。朝に目が覚めたら自宅の敷地に大きなワニがいるなんて、日本では考えられないできごとだね。
続きを読む
Twitter 情報
いつでもどこでも、動物たちのいる暮らし。基本的には、100%フォローバックしますー!
関連ツイート
LINEで読者になる
記事サムネイル
  • モグモグ…モグモグ…。和風のミニチュアハウスでヒマワリの種を食べるハムスター。
  • モグモグ…モグモグ…。和風のミニチュアハウスでヒマワリの種を食べるハムスター。
  • これも仕事の一環? ヘビを捕まえるトレーニングを受ける女性。
  • これも仕事の一環? ヘビを捕まえるトレーニングを受ける女性。
  • ビート板の新しい使い方。プールから出られなくなっていたカモの赤ちゃんたちを救出。
  • ビート板の新しい使い方。プールから出られなくなっていたカモの赤ちゃんたちを救出。
  • どうやって覚えたの? ぎこちない笑顔を披露する、二匹のワンちゃんたち。
  • どうやって覚えたの? ぎこちない笑顔を披露する、二匹のワンちゃんたち。
  • これが百獣の王…? 水溜りに思いっきり前足を突っ込んでビショ濡れになる、オスのライオン。
  • これが百獣の王…? 水溜りに思いっきり前足を突っ込んでビショ濡れになる、オスのライオン。
  • マジっすか…? ワンちゃんにスパゲティーを与えるオウム現る。
  • マジっすか…? ワンちゃんにスパゲティーを与えるオウム現る。
  • 「たーのしー!」自宅のカーテンで遊ぶカワウソが可愛い。
  • 「たーのしー!」自宅のカーテンで遊ぶカワウソが可愛い。
  • 珍しい込み合わせ? ペットのアライグマとキツネのレスリングごっこ。
  • 珍しい込み合わせ? ペットのアライグマとキツネのレスリングごっこ。
  • 「やりやがったニャ?」子猫と大人の黒猫のじゃれ合いの様子が可愛い。
  • 「やりやがったニャ?」子猫と大人の黒猫のじゃれ合いの様子が可愛い。
記事検索
管理人から一言
気づけば、もう11月。早くこたつに入ってお餅が食べたいですね…。
スポンサーリンク
メールフォーム

名前
メール
本文
免責事項
当サイトのご利用は自己責任でお願いします。当サイト及び、外部リンク先のサイトをご利用したことにより発生した損失・損害について、当サイトは一切の責任と義務を負いません。

また当サイトは著作権の侵害を目的として運営されているものではありません。使用している版権物の知的所有権は、全て各著作者・団体に帰属しています。

もし、著作権や肖像権に関して問題がありましたら、こちらのページに記載されているメールアドレス宛てにメールにてご連絡していただくか、またはメールフォームより、ご連絡下さい。確認後、適切な対処を取らせていただきます。
こちらもどうぞ
記事検索
  • ライブドアブログ