どうぶつびより。

救出

ハリケーンの脅威。陸地に取り残されていた巨大なマナティーを救出。

201709170101

こちらは2017年8月末に発生した大型ハリケーン・イルマによる洪水によって陸地に取り残されていた巨大なマナティーを地元の人たちが救出する映像。大きなものでは体重が約500キロほどにも達するマナティーを黒いシーツのようなものに乗せて運び、無事に海へと帰すことに成功したとのこと。たくさんの人たちの協力がないと困難な救出作業だったねー。
スポンサーリンク
続きを読む

どうしてこうなった…。なぜか木の枝に挟まっていたタカを救出。

201709120201

こちらはアメリカのカリフォルニア州ローナートパークにあるゴルフ場にて撮影された映像。このゴルフ場でゴルフを楽しんでいた男性が、なぜか木の枝に挟まっていたタカを発見し、そのまま救出しちゃいます。すごい速さで木の枝の隙間に突っ込んだとかなのかな? うーん、いろいろと謎すぎる…。
続きを読む

危機一髪? 沼の中で身動きが取れなくなっていたゾウの赤ちゃんを救出。

201709090101

こちらは沼の中で身動きが取れなくなっていたゾウの赤ちゃんを地元の住民たちが救出する映像。一旦、沼の近くで我が子を心配そうに見ていた母親のゾウを遠くまで離れさせてから、男性たちがゾウの赤ちゃんを引き上げたり、自ら沼の中に入って後ろから押し上げたりしてなんとか救出に成功。草原に残されたゾウの赤ちゃんは無事に母親と再会を果たし、これにて一件落着。
続きを読む

「あの手を使うしかないニャ!」真四角の深い穴にいた子猫を男性が救出しようとした結果…。

201709070101

地面にぽっかりと空いた真四角の深い穴のような場所で身動きが取れなくなっていた子猫を発見。男性が梯子を掛けて穴を降りていき、子猫を救出しようとしたその瞬間。これには救出に向かった男性も苦笑いするしかない様子なのでした…。
続きを読む

な、なぜ…? 大きな穴に埋まっていたアルパカの赤ちゃんを救出。

201709060301

なぜか地面に空いていた大きな穴に誤って落ちてしまい、そのまま穴に埋まってしまっていたアルパカの赤ちゃんを救出する動画。恐らく、丸一日ほどこの穴に埋まってしまっていたらしいけれど…あんまり衰弱している様子もなくてよかったよかった。それにしてもこんな大きな穴、一体誰が掘ったんだろう…?
続きを読む

これは危機一髪。洪水に巻き込まれ、身動きが取れなくなっていた馬を救出。

201709050301

大型ハリケーン「ハービー」の影響による洪水に巻き込まれ、身動きが取れなくなっていた一頭の馬。すぐさまその場に駆けつけたレスキュー隊の男性が馬のもとへと近づき、無事に陸地へと誘導することに成功。このハリケーンについては、たくさんの動物たちが被害に遭っているみたい。早く沈静化してほしいね。
続きを読む

どこから入ったのー? ニワトリの小屋に迷い込んだオポッサムの赤ちゃんを救出。

201709050201

2017年8月30日にアメリカのサウスカロライナ州ブラフトンにて撮影された映像。どこかからニワトリの小屋に迷い込み、柵の中から出られなくなっていたオポッサムの赤ちゃんを発見。スコップの先端をそっと差し伸べ、無事にオポッサムの赤ちゃんを救出することに成功。もうこんなところに迷い込んじゃダメだよー?
続きを読む

そんなところで何をしてたの? 木の枝に取り残されていたコアラを大学生たちが救出。

201709030101

2017年8月27日にオーストラリアのビクトリア州ウルプナ島にて撮影された映像。地元の大学生たちがマレー川というオーストラリア最長の河川でカヌーをしていたところ、なぜか水に囲まれた場所で木の枝に取り残されていたコアラを発見。カヌーのボートを近づけてみると、すんなりとコアラが乗ってくれて救出することに成功。あんまり衰弱した様子もないみたいだし、無事に助かってよかったね。
続きを読む

「誰か助けてほしいのだー!」ゴミ収集所から抜け出せなくなったアライグマを救出。

201709020301

こちらは近所のゴミ収集所から抜け出せなくなったアライグマを撮影者さんが太めの木の枝を使って救出する映像。撮影者さん曰く、この若いアライグマはすでに何回も同じゴミ収集所から抜け出せなくなっていて、一週間で五回ほど救出しないといけないんだとか。もうペットとして飼ってあげたらいいのに…って思っちゃうのはちょっと他人事すぎるかな?
続きを読む

「お願いだから、オナラだけはしないでね…」空き缶に頭がはまっていたスカンクを救出。

201709010201

こちらは重要な会議のためにきっちりとスーツを着用した男性が、通勤途中になぜかコカ・コーラの空き缶に頭がはまっていたスカンクを偶然発見し、そのまま救出しちゃう動画。スカンクのオナラ(具体的には肛門傍洞腺からの分泌液の噴射)による悪臭はかなり強烈らしく、その分泌液が衣服に付着した場合は完全に脱臭することが不可能なため、ほとんどの場合は破棄せざるを得ないんだとか。そんなリスクを冒してまでスカンクを救出するなんて、この男性はとても勇敢だねー。
続きを読む

なんで、そんなところに…? トラックのパーツにはまっていたシマリスを救出。

201708310201

こちらはなぜかトラックのリア部分に付いているパーツにはまっていたシマリスを発見者の男性が救出する動画。最初にしっぽを引っ張ったりして悪戦苦闘した結果、最後は上半身を引っ張って無事にシマリスを救出することに成功。もうこんな小さな穴を通ろうとしちゃダメだよ。
続きを読む

こりゃ大物だ。漁船の網にかかっていた若いジンベエザメを救出。

201708290401

こちらは漁船の網にかかっていた四頭の若いジンベエザメたちをダイバーが救出する動画。ジンベエザメは絶滅の危機に瀕している、全ての魚類の中でもっとも大きな動物なんだとか。今回は、どうやらジンベエザメたちが夢中で小魚たちを追いかけ回してるうちに漁船の網にかかってしまった可能性が高いとのこと。大人になるとスクールバスぐらいの大きさになるらしいけれど、性格はとっても温厚で人間を襲うことはほとんどないみたい。
続きを読む

「誰か助けてチュン!」ガムに絡まっていたハチドリを少年が救出。

201708280401

どうしてこうなっちゃったのかはわからないけど…。芝生に落ちていたチューインガムが羽根にくっつき、身動きが取れなくなっていたハチドリを幼い少年が救出する動画。幸運にも羽根自体に損傷はなかったようで、ガムが取れると無事に空へと羽ばたいていったとさ。猫とかに見つかる前に優しい子に見つけてもらえてよかったねー。
続きを読む

「えーん、助けてー!」体中にビニール紐が絡まり、ダイバーに助けを求める巨大なマンタ。

201708260201

こちらは体中にビニール紐のようなものが絡まり、スキューバダイビング中のダイバーの男性のもとに助けを求める巨大なマンタ(オニイトマキエイ)の映像。無事にダイバーの男性によってビニール紐のようなものは取り除かれ、このマンタは晴れて自由の身になれたみたいだけど…マンタってこんなに大きかったんだね。
続きを読む

親切な人に見つかってよかったね。漁具に絡まっていたウミガメをダイバーが救出。

201708220401

海に放棄された漁具に甲羅が絡まっていたウミガメをスキューバダイビング中の男性たちが発見。偶然持っていた小型のナイフで縄を切断し、ウミガメを救出することに成功。このウミガメみたいに放棄された漁具によって動物が傷つけられることは結構よくあることなんだとか。ちゃんとゴミはゴミ箱に捨てようね。
続きを読む
月別アーカイブ
Twitter 情報
いつでもどこでも、動物たちのいる暮らし。基本的には、100%フォローバックしますー!
関連ツイート
LINEで読者になる
記事サムネイル
  • 悟りの境地。背中にニワトリが乗っても全く動じないヤギ、現る。
  • 悟りの境地。背中にニワトリが乗っても全く動じないヤギ、現る。
  • ナマズホイホイ。20リットルのウォーターボトルを使ったお手軽トラップ。
  • ナマズホイホイ。20リットルのウォーターボトルを使ったお手軽トラップ。
  • これがヒーロードッグ。メキシコ地震の被災者たちを捜索する犬たち。
  • これがヒーロードッグ。メキシコ地震の被災者たちを捜索する犬たち。
  • まるで恋人たちのダンス? とっても珍しいクリオネの交配の様子。
  • まるで恋人たちのダンス? とっても珍しいクリオネの交配の様子。
  • 「絶対ムリだワーン!」どうしても大きな木の枝を運びたいジャーマン・シェパードが可愛い。
  • 「絶対ムリだワーン!」どうしても大きな木の枝を運びたいジャーマン・シェパードが可愛い。
  • ずっと元気でねー。大きく元気に育ったウミガメを海へ帰す瞬間。
  • ずっと元気でねー。大きく元気に育ったウミガメを海へ帰す瞬間。
  • うっひゃーっ! 不気味なクモにジュースを一滴垂らしてみると…。
  • うっひゃーっ! 不気味なクモにジュースを一滴垂らしてみると…。
  • 意外とバレない? 作り物のオウムを見たオウムたちのリアクション。
  • 意外とバレない? 作り物のオウムを見たオウムたちのリアクション。
  • 「なんなんだワン!?」背中に人形が乗っているコスチュームを着せられたフレンチ・ブルドッグが面白い。
  • 「なんなんだワン!?」背中に人形が乗っているコスチュームを着せられたフレンチ・ブルドッグが面白い。
記事検索
管理人から一言
この前、お風呂場でヤモリの赤ちゃんを捕まえました。ド田舎あるあるです…。
スポンサーリンク
メールフォーム

名前
メール
本文
免責事項
当サイトのご利用は自己責任でお願いします。当サイト及び、外部リンク先のサイトをご利用したことにより発生した損失・損害について、当サイトは一切の責任と義務を負いません。

また当サイトは著作権の侵害を目的として運営されているものではありません。使用している版権物の知的所有権は、全て各著作者・団体に帰属しています。

もし、著作権や肖像権に関して問題がありましたら、こちらのページに記載されているメールアドレス宛てにメールにてご連絡していただくか、またはメールフォームより、ご連絡下さい。確認後、適切な対処を取らせていただきます。
こちらもどうぞ
記事検索
  • ライブドアブログ