どうぶつびより。

ピックアップニュース

砂浜

「う、動けない…」岩場で身動きが取れなくなっていたウミガメを救出。

201712050201

こちらはプラスチックのゴミが体に絡まり、岩場で身動きが取れなくなっていたウミガメを救出する動画。このウミガメを発見した二人の男性たちはナイフなどを持っていたなかったため、ライターでゴミを炙ってちぎり、無事にウミガメを海へと帰します。少しだけ体力を消耗しているように見えるけれど、大丈夫そうでよかったよかったー。
スポンサーリンク
続きを読む

今年も夏は終わり。砂浜で佇んで海を眺めるブルドッグ。

201711270201

こちらは砂浜で佇んでじっと海を眺める、ブルドッグのウォンバットくんの動画。以前、真夏に砂浜へと遊びに来た時には喜んで海に入っていたみたいだけれど、今の海の水はワンちゃんにも少し冷たかったみたい。また暖かくなったら遊びに来ようねー。
続きを読む

イルカじゃないよ! 漁網が絡まり、砂浜へと打ち上げられてしまったオニイトマキエイを救出。

201711240201

こちらは漁網が全身に絡まり、身動きが取れない状態で砂浜へと打ち上げられてしまったオニイトマキエイを、偶然その場にいた人たちが協力して救出する動画。漁網をすべて取り除き、海へと引っ張って帰します。大きなものでは体重が約3トンにも達する、このオニイトマキエイ。無事に海へと帰れてよかったねー。
続きを読む

ビーチでの救出劇。釣り糸が絡まり、砂浜に打ち上げられていたイルカを救出。

201710110301

こちらはクチバシに釣り糸が絡まり、砂浜に打ち上げられていたイルカをその場にいた海水浴客たちが救出する動画。無事にクチバシに絡まっていた釣り糸を解き、イルカを海へと帰すことに成功。これが夜の砂浜だったり、人のいない砂浜だったりしたらちょっと危なかったかも…?
続きを読む

ちょっと、怖いよ! 勢い余って砂浜まで泳いできちゃったサメの赤ちゃん。

201709140401

2017年9月11日にオーストラリアのマンリー・カウンシルにあるビーチにて撮影された映像。人間に興味があったのか、沖の方から勢い余って砂浜まで泳いできちゃったサメの赤ちゃん。特に弱っていたわけではないらしく、大きな波がやってくるとまた沖の方へと帰っていったんだとさ。これって大きなサメも砂浜までやってくる可能性があるってことなのかな…?
続きを読む
ピックアップニュース
Twitter 情報
世界中のいろいろな動物たちの気になる動画をご紹介しています。100%フォローバックしますー!
関連ツイート
LINEで読者になる
アクセスランキング
記事サムネイル
  • 日頃の鬱憤を発散? 年老いたヒョウをいじめる、ハイエナの群れ。
  • 日頃の鬱憤を発散? 年老いたヒョウをいじめる、ハイエナの群れ。
  • 「遊んでほしいのニャー!」どうしてもワンちゃんにかまってほしい、お茶目なニャンコ。
  • 「遊んでほしいのニャー!」どうしてもワンちゃんにかまってほしい、お茶目なニャンコ。
  • まるで親子? ブタとアヒルの仲良しコンビが可愛い。
  • まるで親子? ブタとアヒルの仲良しコンビが可愛い。
  • 「マァーオ!」イスの上で延々と威嚇し合う、二匹のネコたち。
  • 「マァーオ!」イスの上で延々と威嚇し合う、二匹のネコたち。
  • 人間以外では初めて? 傷ついたアリを他の仲間のアリたちが看護していることが判明。
  • 人間以外では初めて? 傷ついたアリを他の仲間のアリたちが看護していることが判明。
  • 「怒っているんだゾー!」動画撮影にまったく協力してくれないゾウの赤ちゃん、現る。
  • 「怒っているんだゾー!」動画撮影にまったく協力してくれないゾウの赤ちゃん、現る。
  • 暑い日にはこれこれ。子供用のプールで遊ぶ、ペットのエミューたち。
  • 暑い日にはこれこれ。子供用のプールで遊ぶ、ペットのエミューたち。
  • 「譲れないんだワン!」一つのベッドを取り合う、二匹のワンちゃんたち。
  • 「譲れないんだワン!」一つのベッドを取り合う、二匹のワンちゃんたち。
  • 森林破壊の影響。過去16年間のアブラヤシの収穫と伐採によって消滅した、約150,000匹のオランウータンたち。
  • 森林破壊の影響。過去16年間のアブラヤシの収穫と伐採によって消滅した、約150,000匹のオランウータンたち。
記事検索
管理人から一言
クジラは哺乳類、イルカも哺乳類。サメは魚類、シャチも… 実は哺乳類。ややこしいです…。
スポンサーリンク
メールフォーム

名前
メール
本文
免責事項
当サイトのご利用は自己責任でお願いします。当サイト及び、外部リンク先のサイトをご利用したことにより発生した損失・損害について、当サイトは一切の責任と義務を負いません。

また当サイトは著作権の侵害を目的として運営されているものではありません。使用している版権物の知的所有権は、全て各著作者・団体に帰属しています。

もし、著作権や肖像権に関して問題がありましたら、こちらのページに記載されているメールアドレス宛てにメールにてご連絡していただくか、またはメールフォームより、ご連絡下さい。確認後、適切な対処を取らせていただきます。
こちらもどうぞ
記事検索
  • ライブドアブログ